「ほっ」と。キャンペーン
新橋、有楽町あたりの高架ができてから90年くらい。設計図など現存せず。
鉄骨の入れ具合など神のみが知る。
直下型地震があれば倒壊はまぬがれないという。
ガード下にいる時に地震が来たら、飲んでる連中はガレキの下に。
[PR]
2012年3月11日の首都圏の被害は主に電車の停止。
300万人の帰宅難民が発生。

首都圏直下型が起こったら、その倍以上が帰宅難民。
建物倒壊等、障害物山積の中を移動するのは必至。
[PR]
23区内の昼間の対流人口(仕事や遊びで動いてる人の数)は1100万人。
直下型地震があると、23区内だけでこの人数以上が被災者となる。

建物が壊れ、電柱が倒れ、ビルのガラスが散乱する。
避難所など確保できないに等しいという想像が容易にできる。
[PR]
東京・神奈川・千葉・埼玉、一都三県で人口は3500万人。
日本の人口の4分の1。

首都直下地震のときにはこれだけの人々が被災者になる
という前提が必要。
[PR]
「地震が来たらまず火を消せ」は古い常識。

震度5以上でガスは自動で遮断される。
大きい揺れのときは火を消しに動くより、
第一に己の身を守るのが正しい手順。
[PR]
最近はすっかりFacebookばかりになってしまった。

友だち申請をすると、直接の知りあいでなくてもけっこう応じてくれる。
逆に知ってるやつでもスルーしてくれるから、いってこいかな。

最近申請して承認をもらった方々。
及川恒平さん、りりィさん、大塚まさじさん、丹羽応樹さんなどなど。
なつかしいミュージシャンは優しいのですね。

みなさん承認ありがとう。感謝です。
[PR]
# by minami18th | 2012-04-05 17:27 | 砂に足跡
録画されていた! 菅前首相の叱責映像、東電は「公開ない」
東京電力福島第1原発事故で、昨年3月15日に菅直人前首相が東電本店を訪れて東電幹部らを激しく叱責する映像を、東電が録画していたことが14日、分かった。国会が設置した事故調査委員会(委員長・黒川清元日本学術会議会長)が国会内で開いた会合で明らかにした。東電は同日の記者会見で「公開は考えていない」としている。

事故調によると、東電本店や第1原発の免震重要棟をつなぐ、社内のテレビ会議システムの映像がDVDに録画されていた。

音声つきの映像もあるが、菅前首相が東電本店を訪れた際の映像の部分には、音声はついていなかったという。

映像には、菅前首相の叱責を画面越しに注視する第1原発の吉田昌郎所長(当時)も映っており、叱責の最中に4号機が水素爆発した際、ヘルメットを取り出してかぶる姿も残っているという。


さあ、面白くなってまいりましたw
そのうち、ついてなかったはずの音声も出てきそうだwww
[PR]
# by minami18th | 2012-03-15 14:01 | 砂に足跡
開設から満8年でございます。
2004年2月26日に始めて、今日のこの日を迎えました。
長いのか短いのかわかりませんが、とにかく満8年を迎えることができました。
自分でとりあえずの拍手をしておきましょうw

最近はすっかりFacebookのほうが中心です。
でも特命、じゃなくて匿名でできるブログも捨てがたいんですよねー。

どうなるかはわかりませんが、無理のないところで維持してゆきます。
[PR]
# by minami18th | 2012-02-26 23:36 | 砂に足跡
2009(1時間52分45秒) 17.4km
第1走 8.2km 37:15
第2走 4.7km 23:45
第3走 4.7km 28:45
第4走 4.5km 23:00

2010(1時間52分47秒) 17.5km(+0:02)
第1走 8.2km 37:11 (-0:04)
第2走 4.7km 23:28 (-0:17)
第3走 4.7km 28:13 (-0:32)
第4走 4.6km 23:55 (+0:55)

2011(1時間50分44秒) 17.5km(-2:03)
第1走 8.2km 37:20 (+0:09)
第2走 4.7km 23:47 (+0:19)
第3走 4.7km 26:17 (-1:56)
第4走 4.6km 23:20 (-0:35)

2012(1時間55分15秒) 17.5km(+4:31)
第1走 8.2km 39:18 (+1:58)
第2走 4.7km 24:20 (+0:33)
第3走 4.7km 27:19 (+1:02)
第4走 4.6km 24:18 (+0:58)
[PR]
# by minami18th | 2012-02-18 23:19 | 砂に足跡
a0006144_152105.jpg
[PR]
# by minami18th | 2012-02-08 15:02 | 砂に足跡