<   2011年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

災害のニュースが多いと、この書を思い出す。

立正安国論/文応元年七月 三十九歳御作  与北条時頼 書於鎌倉
旅客来りて嘆いて曰く 近年より近日に至るまで天変地夭・飢饉疫癘・遍く天下に満ち 広く地上に迸る
牛馬巷に斃れ 骸骨路に充てり 死を招くの輩既に大半に超え 悲まざるの族敢て一人も無し、

文応元年=西暦1260年。
750年前も地震や洪水や食糧危機が大問題だったわけだ。
日本では津波に原発、タイでは洪水、トルコでも地震。
少し前にはニュージーランドでも大きな地震。
人類が越えねばならぬ試練の年なのだろうか。
[PR]
◆第88回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝=2012年1月2、3日)予選会(15日、東京・立川市陸上自衛隊立川駐屯地滑走路~国営昭和記念公園内=20キロ) 雨の中、40校が参加して9枠の出場権を競った。個人1位は59分26秒のタイムをマークした山梨学大のオンディバ・コスマス。上武大が10時間12分08秒で初の1位通過となった。

 そのほか、下記の大学が本戦への出場権を得た。この9校と前回大会でシード権を獲得した10校、関東学生陸上競技連盟(関東学連)選抜を加えた20チームが箱根路へ駒を進める。総合優勝11回を誇る順大がギリギリの9位で予選通過。ゴール前のデッドヒートで惜しくも2秒差で敗れた日本人トップで個人2位となった佐藤佑輔率いる日大は、11位で予選通過ならず。2年連続で10位となった法大も、涙を飲んだ。 

 予選会は各校10~12人が全員一斉スタートする20キロのタイムレースで行われ、各校上位10人の合計タイムによりまず6校を決定。残る3校は5月の関東学生陸上競技対校選手権大会(インカレ)の総合順位とエントリー数をポイント化して換算した「アドバンテージ・タイム」を差し引いて順位を決め、計9校が出場権を得る。また、予選敗退校の中から個人成績上位の選手が関東学連選抜チームの選考対象となる。

 [予選会通過チーム]
1位 上武大  10時間12分08秒
2位 山梨学大 10時間12分43秒
3位 国士舘大 10時間13分38秒
4位 東農大  10時間13分58秒
5位 神奈川大 10時間14分03秒
6位 帝京大  10時間14分18秒
7位 城西大  10時間13分55秒(2分45秒)
8位 中央学大 10時間15分22秒(45秒)
9位 順大   10時間16分14秒(3分25秒)
--------------ここまでが予選通過
10位 法大   10時間16分43秒(3分10秒)
11位 日大   10時間16分58秒(3分40秒)
12位 専大   10時間18分07秒(20秒)
13位 亜大   10時間20分12秒(20秒)
14位 大東大  10時間21分34秒(2分20秒)
15位 流通経大 10時間28分28秒(2分)
16位  創価大学
17位  松蔭大学
18位  麗澤大学
19位  平成国際大学
20位  関東学院大学
21位 武蔵野学院大学
22位 東京経済大学
23位 慶應義塾大学
24位 東京学芸大学
25位 東京大学
26位 筑波大学
27位 駿河台大学
28位 国際武道大学
29位 立教大学
30位 学習院大学
31位 横浜国立大学
32位 千葉大学
33位 東京理科大学
34位 明治学院大学
35位 首都大学東京
36位 防衛大学校
37位 高崎経済大学
38位 山梨大学
39位 文教大学
- 筑波大学大学院記録なし
[PR]
by minami18th | 2011-10-18 14:10 | 砂に足跡
横浜西口ドスパラにてiPhone 4Sゲット。
進化した4S。まずはデータの復旧を。
[PR]
by minami18th | 2011-10-16 22:54 | Macintosh
a0006144_15511057.jpg

a0006144_1611414.jpg

[PR]
平成二十三年の酉の市は


一の酉 11月 2日(水)
二の酉 11月14日(月)
三の酉 11月26日(土)

今年は三の酉まであります。
[PR]
by minami18th | 2011-10-07 11:59 | 砂に足跡
スティーブ・ジョブズ前CEOが死去=アップル
米アップルは、スティーブ・ジョブズ前最高経営責任者(CEO)の死去を発表した。
同社は声明で、「スティーブは彼にしか作り上げることができなかったような会社を残した。
彼の精神はアップルの永遠の礎となるだろう」と述べた。




「日本はわが国に死んで流れ着いた魚のようなものだ。
すでに発明されたものを手にして、完全に分かるまで研究する。
発明者本人よりもよく分かってしまう場合もある。
そうした理解の中から、彼らはもっと洗練された第二世代の製品を再発明する。
その戦術が功を奏するのは、ステレオ産業とか自動車といった、あまり変化しないものの場合だけだ。
標的がものすごいスピードで変わっていくものの場合には、彼らには難しい。
パーソナル・コンピュータとは何なのかの定義がくるくると変わり続ける限り、
彼らは非常に苦労するだろうと思うね」

スティーブ・ジョブズ
a0006144_9402452.png

[PR]