<   2011年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

【あ】あと知らぬ 票さえ入れば 民主党
【い】言った事 全て当たるよ ブーメラン
【う】嘘ついて 盗った政権 放すまじ
【え】絵に描いた 餅にもならぬ マニフェスト
【お】小沢党 今度はどこに いそうろう?

【か】金を撒き 国民欺き 国を売る
【き】気を付けろ うまい話と 民主党
【く】「国のため」 日本じゃないよ 隣だよ
【け】結論を 決めないことを 決めました
【こ】国民が 聞く耳持たなく なったので

【さ】最低でも 県外これも ウソでした
【し】自民より 国債多く 刷ってるぞ
【す】寿司料亭 今日はフレンチ 明日割烹
【せ】説明を 求めぬ場所のみ 小沢吠える
【そ】相続税 お前ら増税 ぼく脱税

【た】対案を 出せよ原案 まだだけど
【ち】ちょっと待て 維新の会は 民主かも
【つ】ついうっかり 民主に入れて 後悔し
【て】天皇を 政治利用か 逆賊め
【と】とりかえせ オレの一票 民主から

【な】謎の鳥 ハトではなくて サギだった
【に】逃げ出した 無所属候補は 民主党
【ぬ】ぬれぎぬを 海保職員に 押し付ける
【ね】寝たままで 起きてこないで いてほしい
【の】能力が ないのに政治 主導だと

【は】犯罪者 なぜか民主に 多くいる
【ひ】被告人 そう呼ばれても 辞めません
【ふ】不思議だよ なんで民主に 票入れた?
【へ】減っていた 借金あえて 増やします
【ほ】ほんとうは 日本人じゃ ないんです

【ま】まだましと いつも言い訳 サポーター
【み】みんなの党 その実態は 民主かな
【む】無理矢理に 朝鮮人のみ 優遇し
【め】目立つため 防災服を 買ってみた
【も】漏れたけど 漏れてないよと 言ってみる

【や】約束を 守ってみたいと いう思い
【ゆ】勇敢な ハイパーレスキューを 恫喝し
【よ】擁護され かばってもらっても 低支持率

【ら】落選を したくないので 無所属に
【り】料亭に 毎日毎晩 通います
【る】類は友を 呼んだら民主党に なりました
【れ】連立と はやし立ててる メディアかな
【ろ】ロボットを 操っているのは 中朝か

【わ】笑えない 成果が何にも 出てなくて
[PR]
本部長4回も交代 政府の原子力災害現地対策本部
福島市にある政府の原子力災害現地対策本部の本部長が震災発生から6日までに、4回交代し、県と避難自治体から「責任の所在が不明。国の対応がちぐはぐで遅い要因だ」との批判がでている。

現地本部長は、3月11~15日が池田元久経済産業副大臣、15~29日が松下忠洋同省副大臣、30~31日が池田副大臣、4月1~5日が中山義活経産政務官で、現在は池田副大臣が務めている。

県災害対策本部に本部長が交代する際、連絡はないという。生活環境部の関係者は、農産物の摂取・出荷制限の指示系統をめぐり国の防災基本計画と厚生労働省の方針が統一されておらず県が困惑していることを例に、「現地本部にしっかりとした司令塔がいないため、明確な対応ができていない」と指摘。別の職員は「国は被害に苦しむ現場の状況を理解しようとしていない。中途半端な、まさにお役所仕事」と酷評している。

一方、原発事故で役場機能を移した双葉郡内の町長の一人は、原発事故の情報が素早く伝わっていないと批判し、「陣頭指揮を執る人がころころ代わることが、対応のお粗末さに影響しているのだろう」とあきれ顔だ。原発事故の際、地元自治体と連携し住民の安全確保に当たる現地本部長は、原子力災害対策特別措置法で副大臣か政務官が務めるとされている。
 
現地本部の広報担当者は「国会対応などで副大臣、政務官は東京に戻らなければならないケースがある。後任には万全の引き継ぎをしているので問題ない」と説明している。
   ◇  ◇
 政府は福島市に、原発の現地対策本部と別に震災現地連絡対策室を置いている。吉田泉財務政務官(衆院本県5区)が室長として常駐し、避難者支援や復旧に向け首相官邸と調整を続けている。


アタマになるやつをコロコロ変えるなんて、やる気の無い証拠だろ。
電話、ファクス、パソコンなどなど道具なんかいくらだってある。
直面する課題から逃げてるのがこいつらだ。
[PR]
キャンディーズ
スーちゃんが亡くなった。
早すぎるよなー。

かつて予備校に通ってたとき、帰りに横浜三越の屋上でキャンディーズを見た。
一緒に通う誰かが教えてくれて、見に行った気がする。

まだスーちゃんがセンターで歌ってたときだ。
時期を調べたら、3枚目のシングル「なみだの季節」が出た後になる。

キャンディーズがブレイクするのは、ランちゃんがセンターになった「年下の男の子」から。
5枚目のシングルである。
スーちゃんがセンターのキャンディーズを生で観たことは、たぶん貴重な経験なのだろう。
[PR]
今朝、我が家の隣の駐車場にうずくまる迷い子のポメラニアンを発見。

エサと水を与えて保護。
近所の犬好きのおじさんに捜索を依頼。

一軒目のペットサロンでは成果なし。
そこでその犬の妊娠が発覚。

二軒目のペットサロンに聞き込み。
ほどなく連絡が入り、飼い主発見とのこと。

捨てられたのではなくてよかった。
[PR]
ここまでひどい話もめずらしいなw
写真まであるし言い逃れができなかったのかな?
震災については福島担当の副責任者らしいが、ずいぶんヒマな副責任者なんだな。
しかし統一地方選挙の告示翌日の土曜日に、こんなことやってるヒマがあるとはあきれる。
各党は期日前投票の確保に走り回っているのに。
地元の地方議員からお呼びがかからないのは、よほど人望も実力も無いのだろう。
選挙区民からの信頼は無くなった。これで次の総選挙の当選も無いはず
(これで当選させたら神奈川4区はキ○ガイ集団だとしか思えない)
まさに「身から出たサビ」である。

震災対応中にボート 民主・長島議員「横暴、なぜ」住民批判
東日本大震災で政府が対応に追われる中、民主党の長島一由衆院議員(神奈川4区)が、神奈川県葉山町の海岸に趣味のボートを持ち込み、修理などをしていたとして住民の批判を浴びていることが5日、分かった。ボートを運ぶ際、ミニバイクで牽引(けんいん)していたといい、道交法施行細則に抵触する恐れもある。
地元住民や長島氏によると、長島氏は今月2日と4日、葉山町の小浜海岸を訪れ、船外機付きの2人乗りボートを海に浮かべるなどした。
同海岸はマナーの悪い利用者が絶えず、住民が県に要請して3月上旬、海岸に下りるスロープに車止めを設置。ボートや水上バイクの持ち込みができないようになっていた。
ところが、長島氏は3月下旬、県に対し「住民への周知が足りない」などと電話で抗議。4月1日、県が車止めを撤去したのを確認した後、2日間にわたりボートを浜に持ち込んだという。
長島氏はボートを持ち込む際、排気量50cc以下のミニバイクで牽引。海岸沿いのバス通りなどを走ったというが、県公安委員会が定める道交法施行細則では、交通量の多い道路での牽引を禁じている。
同海岸はヨット利用の拠点となる葉山港に隣接するが、同港は震災の影響で、レスキュー艇の燃料確保が困難になったとして、3月30日まで利用の自粛を要請しており、地元住民からは「国会議員の地位を利用した横暴」「震災で大変なときになぜ」などと批判の声が出ている。
長島氏は産経新聞の取材に対し「ボートの修理のためであり、遊び目的ではなかった。公務の合間を縫って海にいたのは15分程度。救命の全国組織にも登録を申請しており、人命救助にも役立つと思った。これまでにもウインドサーファー2人を救出したことがある。ミニバイクでの牽引も交通量の少ない時間を見計らった」としている。
長島氏は前逗子市長で、現在1期目。震災では民主党の福島県対策室の副責任者を務めている

a0006144_136587.jpg
[PR]
約5年に渡り働いてくれたCANON PIXUS MP500が、その使命を終えて
ついに成仏いたしました。

後継はやはりCANONで選択。
PIXUS MG5230にしました。さして価格の変わらないMG6130という
選択もあったのですが、インクカートリッジの少ないMG5230を決断。
明日の午前中に到着の予定です。
a0006144_14475673.jpg
[PR]
by minami18th | 2011-04-04 14:56 | Macintosh
4月1日です。
新入社員らしき若者が真新しいスーツで歩いてました。
街角の選挙の掲示板には、市会県会の候補者のポスターが貼られました。
今日が告示日です。

本来ならエイプリルフールネタでもかましたいところですが、今年は
そういうことはやめにします。

被災地の復興はもちろんですが、当面する原発の始末をつけないと
いけません。ここでグダグダやってたら、日本の価値は大きく下がります。
世界中の国々から、あらゆる支援をしていただいて、なんとしてもこの
問題に決着をつけ、「さすが日本!」と言われるような結末をつけなくては
いけません。

核に勝ち、災害に勝ち、今こそ新しい歴史を創造しようではないか。


しかし政府のやつらや、東電の連中の姿勢に、必死さが感じられないぞ。
テレビに出てくる学者のやつらも中途半端だし。
おまえらもっと真剣になれ。
[PR]