<   2010年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

TBS「お願いです、誰かベイ買ってください。もうお荷物なんです。拾ってください」
住生活「いいよ。新潟に持って行ってもいいよね?」
TBS「ダメだよ、ふざけんな」
住生活「え」
松沢「横浜からは出て行かせない」
住生活「え、だ、だれ?」
松沢「企業名も付けさせない」
松沢「支援もしないし、金も出さない」
住生活「えっと・・・、交渉中だから関係ない人は口出さないで頂けます?」
松沢「そういう挑発には乗らない(キリッ」
住生活「え」
松沢「横浜ドームとか欲しいな、改装してよ」
住生活「え」
ハマスタ「うちと20年契約結んでよ、てか決定な」
住生活「え」
TBS「うちの決めた経営陣で来年継続してくれ」
住生活「知りませんよそんなの」
球団「もう監督コーチ人事終わったからそのまんまで」
住生活「は?」
TBS「あ、そうそうウチに金払ってよね、中継してやっからさw」
住生活「常識的に考えて放送させてもらうほうが払うべきでしょ」
ハマスタ「グッズ収入と看板広告は渡さないよ、わかってんだろーな?」
住生活「え もういいです」
球団「売名に利用しやがって」
[PR]
民主党、企業・団体献金の受け入れを近く再開
民主党は昨年9月の政権交代以降、自粛していた企業・団体献金の受け入れを近く再開する。
26日午後の党常任幹事会で岡田克也幹事長が表明する。同党は2009年の衆院選マニフェスト(政権公約)で
企業・団体献金の全面禁止を掲げたが、各党の合意形成が進まず、政治資金規正法の改正にめどが立たないことから、暫定措置として再開する方針を決めた。

民主党は09年マニフェストで「企業団体による献金、パーティー券購入を禁止します」と明記し、今年7月の参院選でも同じ内容を掲げた。


国民をだまして政権を獲得したわけですね。
ま、詐欺師に献金する企業の顔も見たいものですが。
[PR]
町山情報。
映画「ソーシャルネットワーク」面白そう。
2011年1月日本公開。
[PR]
事業仕分けを、またまたやるらしい。
今度は特別会計だそうだ。

ムダの温床になるなら当然やるべきだろうな。
でもさ、この円高と景気低迷の時期にやるのってどうなのさ?

下手すると景気低迷に拍車をかけることにならないか?

手順が違うように感じるんだけどね。

家計簿見直すのもいいけど、収入の増加手段を考えるのが
政府の今やるべき仕事なんじゃないの?

マスコミも民主党ヨイショより、庶民の真実の声を報道しろや。
あんたらだってヤバいと感じてるはずなんだから。
[PR]
『イニシエーション・ラブ』の衝撃、ふたたび。1983年元旦、僕は春香と出会う。僕たちは幸せだった。春香とそっくりな女・美奈子が現れるまでは。良家の令嬢・春香と、パブで働く経験豊富な美奈子。うりふたつだが性格や生い立ちが違う二人。美奈子の正体は春香じゃないのか?そして、ほんとに僕が好きなのはどっちなんだろう。

『イニシエーション・ラブ』の衝撃には及ぶべくも無い。

ヒロインが何故そういう性格なのかが全く明かされてない。
犯罪で言えば、動機の解明がされてないのと同じ。

最後のオチに至るための描写もしくは伏線が無い。
それがあれば、もっと鮮やかなラストになったのに残念。

このアイデア、作者自身は、もっと練りたかったんじゃないかな?
消化不良の感じだけが残ってしまった。

年末の「このミス」とか「本ミス」のランキング入りはするかもしれ
ないけど、もうちょっとがんばってほしかったなぁ・・・・
a0006144_11133198.jpg
[PR]
近所の方のお母さんが亡くなられました。
依頼されて、通夜と葬儀の中心者をやらせていただきました。
運営じゃありません。
読経唱題をするほうです。
それは別に問題無いのですが、それ以外の挨拶というか
口上を述べるほうが緊張しました(汗)

無事に役目を果たすことができました。
ありがとうございました。
[PR]
横浜赤レンガで開催のオクトーバーフェスト2010に行ってきました。

ビールうめぇぇぇ!
a0006144_1232154.jpg
[PR]
日本年金機構は12日、年金記録問題への対応策の柱であるコンピューター上の記録と過去の紙台帳記録との照合作業に本格着手した。

紙台帳記録約9億5000万件から重複などを除いた約7億2000万件の照合を、2013年度までに終了することを目指す。作業は午前9時から都内でスタート。機構職員や受託業者ら約420人で始め、11月以降は全国29か所、約1万7700人体制となる。作業は、年金回復に結びつく可能性の高い高年齢の受給者から優先的に実施する。記録不一致の場合は、12月中にも本人に通知される予定だ。細川厚生労働相は記者会見で、「問題解決への大きな前進だ」と述べた。

政府は今年度予算に427億円の経費を計上し、来年度予算では876億円を要求している。今後4年間の経費は3000億円近くに上る可能性があるうえ、作業が非効率だとの指摘もあり、全件照合は事実上不可能だとの見方が強い。
(2010年10月12日11時22分 読売新聞)


約30年ほど過去の話になるが、某公益法人のデータのコーディング作業をやったことがある。
数は30万件ほどだったかな。
ある企業のスペースを借りて、2ヶ月かけてほとんど2名でこなした。
すべて手作業で、項目にコードを赤ボールペンで書き込む作業だった。

30万件のアンケート用紙が入ったダンボールの山を見たときには、
はるか遠くの高峰を目指す登山家のような気分になった。

それに比べりゃ、7億2000万件ごとき、たいした作業ではない。
「全国29か所、約1万7700人体制」だぞ。
なんと楽な作業かと、( ´Д`)=3ため息が出てしまうw
[PR]
プロ野球・南海ホークス(現ソフトバンク)や東京オリオンズ(現ロッテ)で活躍し、引退後は日本ハムファイターズなどで監督を務めて「親分」の愛称で親しまれた大沢啓二(おおさわ・けいじ)さんが7日午前7時25分、胆のうがんのため亡くなった。78歳。葬儀の日取りは未定。

正直言って、私はこの男が好きではなかった。
そもそも「ご意見番」なんて言われるやつにロクなやつはいない。
私にとっては大沢氏もそのカテゴリーに入る。
野球選手、監督として実績はあるのだろうが、それはそれ。
無責任な言動ばかりしか、私には印象が無い。

日曜朝のテレビ番組で勝手なことを吼えてたので、途中でチャンネルを
変えたことが何回かあった。

その中で最高に不愉快だったのは、レッズのJ2落ちが決定した
1999年11月27日の対サンフレッチェ広島戦のニュースを受けての
コメントだった。

延長戦で勝利したものの、J2落ちが決まり福田が涙した映像が流れた。
それを見て大沢は「泣く前にもっと練習しろ!」と言い放ちました。

おのれが率いたチームが最下位になり、マウンドでファンに土下座した男が
何を言うか。
プロ野球はいいよな。二部落ちの心配なんかないから。
最下位になったって、土下座すればファンは許してくれるし。
こんなやつに福田の涙をバカにする資格はありません。

アナクロな暴言を「男気」と取り違えてはならないと思う。
言いたい放題大声でわめくのは「親分」のやることではない。
それは「チンピラ」の示威行為でしかない。
でも今日明日あたりはニュースでこればっかなんだろうなー。

しかしwikiの大沢の記事は、ろくでもない話ばっかりだなw
[PR]
by minami18th | 2010-10-07 11:36 | 砂に足跡
今日からタバコの値上げ。
かつてはけっこうヘビーに吸ってたσ(゚∀゚ )オレの話を書いておこう。

タスポが始まってすぐのことだから一昨年の春かな。

自動販売機の前でタスポを忘れたことに気がついた。
自宅まで戻って、タスポを手に再度自動販売機へ。



買いながら考えた。
たぶんσ(゚∀゚ )オレはまたタスポを忘れる。
そしたらまたこんなめんどくさい行動をすることになる。

あ、タバコを買わなければいいんだ。
そうだ。買うのをやめよう。


フィリップモリスを吸いながらそう考えたσ(゚∀゚ )オレ。

その時点で目の前には未開封のフィリップモリス5箱と開封したばかりのが1箱。

そのまま手をつけずにMacの隣に置いたまま喫煙停止生活へ。



積んであるタバコを見て、もったいないと言う妻(当時喫煙者)に、欲しいならやると言って譲渡。
全部消費してくれた。

そして2年以上が経過。けっこう簡単にタバコをやめることができたと思っている。
妻も禁煙ガムの効果でσ(゚∀゚ )オレの後を追うようにやめた。

やめて半年くらいはフラッシュバック状態でタバコを吸いたくなった。
「ガツン」と頭を殴られたみたいにタバコが吸いたくなる。
これを「あ、俺ってジャンキー?」なんて脳内ドラマの主人公になって楽しんでいた。
三月くらいはタバコを吸う夢もけっこう見た。
しかし半年たったらフラッシュバックの頻度も激減した。
(ドラッグの経験は無いので、本当のフラッシュバックは当然知りません)



この値上げ騒動を見て、いいタイミングでやめることができたと、夫婦で喜んでいる。
タバコ代は野毛に飲みに行く資金に化けたので、生活費が余るようになったわけでは無い。

喫煙衝動を楽しむことができたのが、σ(゚∀゚ )オレの禁煙成功の要因だと思う。
みなさんけっこう苦しんでいるみたいだけど、その気になりさえすれば禁煙はそう困難なことではない気がする。やめることのできたヤツのたわごとかな?

ま、吸いたいやつはしこたま吸って、納税に励んでくれ。
タバコ吸う場所を探さなくていいってのはけっこう気楽になるものだ。
[PR]