<   2010年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

鶴は千年

 亀は万年

  鳩は一年
[PR]
ウルトラ警備隊ゲットだぜ!
期待はしてなかったけど、引き当てちまったw
a0006144_1741422.jpg

[PR]
ある鳥は自分のことをハトだと言った
それを見た日本人は怒った顔でおまえはサギだと言った
隣にいたアメリカ人はうんざりした顔であいつはチキンだと言った
通りがかった中国人は笑顔であいつはカモだと言った
学者に確認してみたらガンだった
[PR]
検察が「この事件は裁判しても、(証拠不足などの理由で)有罪に
持ち込めないよ。不起訴だね。┐(゚~゚)┌」…
と判断してしまった場合、悪人を刑事裁判で裁くことが出来なくなる。

そんな時「おかしいだろ?その事件はちゃんと起訴して刑事裁判
するべきだろ!( ゚Д゚)ゴルァ !」…
と、国民がその検察の判断に「待った」をかける制度があった方が
いいよね?それが検察審査会だ。

検察審査会は、検察が不起訴と判断した事件について、検察に
資料を出させて議論をする。( ´д)ヒソ(´д`)ヒソ(д` )

そして「これはやっぱり起訴すべきだ!( `_ゝ´)フォォー !!!! 」…と
「起訴相当」の判断した場合、検察に「起訴するかどうか、もう一度
検討汁!щ(゚Д゚щ)」…と通知する。
(↑鳩はここで「不起訴相当」でおしまいとなった。)

それを受けた検察は再び事件を捜査して、(←★いまここ。)
 ・「うむ、これは確かに起訴すべきだった。スマソ。(´・ω・`)」…
  と言って起訴すれば、悪人は裁判所で裁かれる。
 ・「いや、これは無理ッスw( ´ω`)」…と言って、検察がもう一度
  不起訴にした場合は、検察審査会は再び審査を実施する。
  ( ;゚д)ザワ(;゚д゚;)ザワ(д゚; )

【「強制起訴」の制度】
2回目の検察審査会で再び「やっぱりこの事件は、起訴して裁判
すべきだろ!( ゚Д゚)ゴルァ !」…と判断をした場合、裁判所が選ぶ
 「指定弁護士(`・ω・´) シャキーン」 により、強制的に起訴される。
(明石花火大会歩道橋事故は、ここで強制起訴。)

つまり、検察がいくら「無理ッスw( ´ω`)」…と言っても、検察審査
会が2回続けて「起訴しろ!( ゚Д゚)ゴルァ !」
…と議決した場合、検察抜きで悪人を刑事裁判に持ち込む事が
出来るようになるのだ。

※ちなみにこの検察審査会のメンバーは、有権者(国民)から
職業・年齢を問わず、クジで11人が選ばれる。
よって「検察審査会は横暴だ!」・「検察審査会の暴走だ!」…
と吠えている方は、「国民は横暴だ!」
「国民の暴走だ!」…と吠えている、という事になる。

尚、今回の小沢の土地取引事件については、1回目の検察審査会
において、11人中11人全員が「起訴相当」との判断をした。
[PR]
サッカー?バスケ?野球? 「モテる部活ランキング」1位に輝いたのは!?

 レコチョクは、ユーザー投票による「モテる部活ランキング」の結果を発表した。
投票期間は4月6日から4月13日までの7日間。有効回答数は3,829票。

 「男子が入っていると胸キュンな部活」のトップ5はすべて運動部となった。
そのなかで1位に輝いたのは「サッカー部」。「さわやかなイメージ」
「運動部だけど汗くさくなさそう」という意見が多く寄せられた。サッカーに限らず、
女性側からは「『試合を見に来て』と言われたい」といった声が多くあがっていた。

 一方、「女子が入っていると胸キュンな部活」では、王道の「テニス部」を押さえて
「バスケットボール部」が1位となった。今は色白の女の子が人気なのか
「屋内スポーツなので日焼けしないから」といった理由もあがっていた。以下が男女のトップ5。

■男子が入っていると胸キュンな部活
1位 サッカー部
2位 バスケットボール部
3位 野球部

4位 弓道部
5位 陸上部

■女子が入っていると胸キュンな部活
1位 バスケットボール部
2位 テニス部
3位 吹奏楽部
4位 バレーボール部
5位 チアリーディング部


このランキング、在学時に公開されてれば、当時の男子弓道部員の生活は
大いに違ったものになっていただろうな。
[PR]
政権政党迷走中。
7月の参議院選挙は厳しい結果が待っているだろうな。
こんな体たらくでは、マニフェストどうこうの問題ではなくなる。
事業仕分けもパフォーマンスとしか見られてない。
小沢・鳩山のカネの問題もぐだぐだ。
高速料金なんか小沢の横やりで自民方式を維持しそうだし。
新党がいくつもできたが、地道にしっかり戦った政党が勝つだろう。

先人の業績を否定するだけでは、新しい道を開くことはできない。


【覚書】
麻生太郎 
ホテルオークラ 入会金0円、年会費0円、ボトルキープ1本25000円。

鳩山由紀夫 
ウラク青山 入会金1,575,000 円、年会費378,000円、
ミネラルウォーター3,500円(500ml)、アイス2,500円
[PR]
ダイドーのコーラ。
容器のデザインが科学特捜隊の制服。
♪ 胸につけてる マークは流星 ♪

ウルトラ警備隊もあるらしい。
a0006144_16222638.jpg

[PR]
a0006144_1245045.jpg
日本舞踊をやめ、中学から剣道を始めた西荻早苗。重心を下にした柔らかい動きでみるみる成長するが、楽しさを求め「勝敗」については固執しない性格。一方、三歳から剣道を始め、パワー、スピード、勝負勘のすべてに秀で、勝敗がすべての剣道エリートでしかも武蔵オタク(愛読書は『五輪書』と『武士道』)の磯山香織。深い意味はなく出た中学最後の区民大会個人戦で、香織はなぜか早苗に負けてしまう。そんな二人が高校で一緒になった。

敗れた悔しさを片時も忘れたことのない香織だったが、早苗がそのときの相手だとは気付かない。というのも、早苗の苗字が両親の離婚によって「甲本」から「西荻」に変わっていたため、胴着の垂れ幕の名前が違っていたのだ。部活で香織は先輩を次々と撃破。早苗は香織の無類の強さに驚き、香織は早苗の構えをみて自分を破った相手だと気付く。それ以降、香織は早苗は目の仇にして練習。香織の猛攻と練習態度に辟易した早苗は部活を辞めることを考える。関東大会団体戦を前に香織は早苗の剣道を「チャンバラダンス」と揶揄。口論になった二人だったが、その最中に香織が捻挫。片腕でも試合に出場したのだが……。

全く価値観の違う二人が、剣道を通し深く繋がっていく。一気読みの青春エンターテインメント。


理屈抜きに面白い作品。青春小説ってのは、こうでなくちゃね。
ヒロインの一人は保土ケ谷に住み、もう一人は日の出町に住んでるって設定。
日の出町は徒歩圏内のご近所。本当にこんな子がいたら楽しいだろうな。
おし、次は「武士道セブンティーン」を読むぞ!!!
[PR]
タイガース再結成の動き
60年代後半の人気グループ「ザ・タイガース」が、来年にも再結成する構想があることが10日、分かった。元メンバーのギタリスト森本タロー(62)が、都内で出演映画「苦い蜜~消えたレコード~」(亀田幸則監督)の初日舞台あいさつに参加。司会から「ザ・タイガース復活はどうなんですか」と聞かれ、「来年やろうと思っているんですよ」と構想を明かした。

たまたま午前10時台のラジオを聞いてたら、森本タローが登場。
上記新聞記事の映画のプロモーションのために出演。映画の主題歌も披露した。

問題は終盤でタイガース再結成の話になったこと。
とぼけたニュアンスでのタローの話ぶりではあったが、実現性は高そうに聞こえた。
・ジュリーにもサリーにも話は行ってる。
・トッポは現役の身であること。
・ピーは教師をすでに退職し、現在無職であること。
・サリーは還暦祝いに、ジュリーから赤いベースを贈られた。
・ジュリーの還暦ライブにそれを抱えて飛び入りする予定だったが実現しなかった。

ここでもタローから「来年には再結成できそう」との発言がありました。
今から根回しを行ってる感じが強かったです。
たぶん実現するんだろうな。
でもライブのチケットは取りづらそうだな。
業界人にたのんでみようかな。
[PR]
新党名「たちあがれ日本」
まさに失笑のネーミングである。
「たちあがれ」とは誰に向けて言ってるつもりだろう。
まず立ち上がるのは、公僕のおまえらだ。
そして今の不景気をなんとかしろ。
話はそれからだ。
[PR]