「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

★国・地方協議、公約に追加=「27日発表分は正式ではない」-民主代表
民主党の鳩山代表は29日、同党の衆院選マニフェスト(政権公約)に、国と地方の協議機関の法制化を追加する考えを明らかにした。協議機関設置を盛り込まなかったことに橋下徹大阪府知事や全国知事会の不満を踏まえた異例の措置だ。熊本県菊陽町で記者団の質問に答えた。

鳩山氏は「この間(27日)出したのは政権政策集で、正式なマニフェストは公示日からしか配れない」と述べ、追加は可能と強調した。鳩山氏のこの発言について、麻生太郎首相は29日午後、「常識的には考えられない。聞いた方は混乱する」と述べ、マニフェスト軽視として批判した。災害視察のため訪れた福岡県那珂川町で記者団の質問に答えた。

 


だったらこの時に正式版ではないと言えばいいのにw
7月27日17:00より行われた民主党政権政策(Manifesto)の発表会見
a0006144_10542032.jpg

正式なマニフェストにしてしまうと、いろんな問題があるのだろう。
野党なら攻撃に専念できるが、与党になったらそうはいかない。
ディフェンスラインの裏をとられたときに、どう守るか。
世の風は圧倒的に民主支持。でも少しだけ匂いが変わった気もする。
[PR]
「ニューヨーク市ヤングピープルズ・コーラス」は、ニューヨークが世界に誇る青少年合唱団です。7歳から18歳までの少年少女で構成され、民族や文化、経済格差などあらゆる垣根を取り払い、自由に参加できる合唱団として、天才的な合唱指揮者フランシスコ・J・ヌニェスにより、1988年に設立されました。合唱団の目的は、子ども一人ひとりの音楽の可能性を花開かせ、高い芸術と調和によって豊かな世界の創造に貢献すること。放課後だけの限られたトレーニングにも関わらず、ヌニェスの指導のもと、子どもたちは共に学び活動する中で、合唱における並外れた芸術性を培いながら、互いを理解し、切磋琢磨し、強い絆で結ばれています。
これまで、カーネギー・ホールやホワイトハウスをはじめ、法王訪米時にはヤンキースタジアムでの聖歌合唱、「9.11」追悼式に参加するなどアメリカでの活躍の他、世界50カ国以上で音楽活動を続け、クラシックはもとより、ジャズ、ポップス等、ニューヨークの合唱団ならではの多彩なレパートリーを持ちます。世界各国の伝承音楽を、その国の言語で歌うのも特長の一つです。2004年ドイツで開催された合唱オリンピックで金メダルを受賞。さらに2008年7月の世界合唱オリンピック(オーストリア、グラーツ州)では、3部門で金メダルを獲得し、一躍世界から注目される合唱団となりました。


a0006144_11574930.gif

実力は圧倒的。すばらしいパフォーマンス。
合唱メンバー以外は、ピアノとドラムスと指揮者のみ。
音楽には、こういうアプローチもあるのだと思い知らされる。
アメリカ人の歌う唱歌「ふるさと」で感動するとは、想像もしなかった。
[PR]
by minami18th | 2009-07-28 23:56 | 砂に足跡
a0006144_12533138.jpg横浜駅西口から岡野町方面に進んだ先にある「麺や維新」。「また食べに行きたい」と思ったラーメン屋さんは初めてです。店内も客を無理に押し込まず、余裕を持って座らせてくれます。ゆったりとした雰囲気がいいです。スープの味も抜群でした。一度行く価値はあります。食べ物の味に執着しない私が言うのだから、かなりのレベルの高さだということになります。真偽は自分で確認してください。
[PR]
by minami18th | 2009-07-25 12:53 | 砂に足跡
日食で大騒ぎです。悪石島は暴風雨のようです。
暴風雨観測ツアーになってしまった方々、ご愁傷様です。

今回の天文イベントに参加できなくても、2012年になれば、
日本の太平洋岸の多くの地域で金環食が観測できるようです。

横浜の我が家の付近では、下記の時間帯になります。
金環食の終わりまで観測してから出勤しても、十分間に合いますw

2012年5月21日(月)
欠け始め6:18:38
金環食の始め7:31:25
食の最大7:33:57
金環食の終り7:36:29
欠け終り9:1:56

どの時間帯で観測できるかはここで。
http://www.hucc.hokudai.ac.jp/~x10553/jp21c/jpa2012.html
自分の居場所の緯度経度は下記で調べられます。
http://www.geocoding.jp
[PR]
公選法は31条1項で、衆院の任期満了選挙について「任期の終わる日の前30日以内に行う」と規定。
任期満了が9月10日のため、8月11日から9月9日までに実施する必要がある。

ただ、同2項で、この期間が
(1)国会開会中
(2)国会閉会の日から23日以内にかかる場合は「閉会の日から24日以後30日以内に行う」
ことも定めている。

今回、7月28日まで会期を延長することで、(2)が適用される。
首相が延長国会で解散せずに、任期満了選挙になれば、投票を日曜日とすると、自動的に
「8月11日公示、同23日投票」となる。

一方、同法31条3項で「衆院解散による総選挙は、解散の日から40日以内に行う」と規定している。
麻生太郎首相が延長国会の会期末に解散すれば、ぎりぎり「8月25日公示、9月6日投票」も可能となる。

任期満了日に解散することも理論的にはあり得る。
この場合、最も遅いケースが「10月6日公示、同18日投票」だ。
[PR]
<都議選>自公過半数割れ 民主、初の第1党
次期衆院選の前哨戦として注目された東京都議選(定数127、42選挙区)は12日投票が行われ、午後8時半から各開票所で順次開票作業が進められた。追い風に乗る民主党(現有34議席)が各選挙区で票を伸ばし、初めて第1党になった。麻生政権の支持率低迷で逆風にさらされた自民党(同48議席)は大敗し、公明党(同22議席)と合わせた議席は過半数を割り込んだ。麻生太郎首相は都議選後の衆院解散・総選挙を模索しているが、党内で「麻生降ろし」の動きが激化するのは必至だ。

投票率は前回(05年)の43.99%を大きく上回る54.49%。自民は40年間維持してきた第1党から転落した。

a0006144_930208.jpg

民主 34→54(+20)
自民 48→38(-10)
公明 22→23(+1)
共産 13→8(-5)
ネット 4→2(-2)
諸・無 4→2(-2)

マスコミでは「自公過半数割れ」だけをクローズアップ。
民主の勝ちを印象付けるには、この言い方しか無いからか。
そりゃそうだ。この逆風の中、公明は+1。
民主の勝ちは勝ちだが、自民とその他野党の議席を民主が食った構造。
今回は風を掴んだ民主が大勝。でも次はわからないぞ。
逆風の中、全候補が当選した公明も勝ちと言えるだろう。
自民は文字どおりの惨敗。
その他野党は、全部民主に持ってかれた形。

アメリカの金融危機の影響で、生活が苦しくなって、有権者が原因と結果も
考えずにその出口を変化に求めた結果がこれ。
民主党とマスコミはそこをうまく利用した。

ともあれ民主・マスコミ連合軍が勝ちを収めたこの戦い。
このまま解散総選挙に持ってゆきたいのだろう。
でも、すぐ解散しちゃったら自民惨敗は必至。
自民に逆転の手は無いだろうが、拮抗に繋げる布石は必要だ。
さて、どんな一手を打つのか。
[PR]
a0006144_9453327.jpg引退した名探偵・石神法全の後を継いで探偵事務所を営む野上英太郎の元に、ある日猫を連れた少年が訪れる。卓越した推理力を持つその少年・狩野俊介は、石神との出会いを契機に探偵を志していた。野上は彼を助手として、直後に舞い込んだ依頼――大病院の院長の妻に取り入り、一家の館に居座る奇妙な宗教家の正体を暴くこと――に乗り出すが。少年探偵・狩野俊介シリーズ第一弾。

ラノベ風のカバー。しかし中身は本格。
名探偵。猫。教祖。富豪の豪邸。双子。
ネタはしっかりと揃ってます。
真相の大仕掛けも、うならせてくれます。
狩野俊介シリーズとして、『幻竜苑事件』『夜叉沼事件』『玄武塔事件』『天霧家事件』と
続くようです。楽しみなのであります。
[PR]
うちの奥さんに、政権交代するとどうなるのか聞かれた。
いろいろ調べてまとめてみた。
民主党が政権を取ればこうなるらしい。

・記者クラブ制度をすべての会見から排除
・公務員の天下り全面禁止
・インターネット上の選挙活動解禁
・すべての親に毎月子供一人2万6千円の子育て支援
・企業献金の全面禁止
・国会議員の世襲禁止
・警察の取調べの可視化
・全国で最低賃金1000円
・就職での新卒・既卒・年齢差別禁止
・派遣労働の規制強化
・公立高校の無料化
・公務員の人件費2割削減
・国会議員の1割削減
・独立行政法人の全面廃止

さてどうなることやら。
[PR]
物の値段というものはいろいろあるものだ。
一軒目:4,000円
二軒目:3,000円
Amazon:3,045円
三軒目:2,900円→値切って2,500円で購入。

うーむ。なんだかなー。
a0006144_2228180.jpg
a0006144_22284544.jpg
[PR]
 「骸骨(がいこつ)ビルの庭」(上・下) 宮本輝
 小説の舞台は1994年の大阪・十三(じゅうそう)にある通称「骸骨ビル」。主人公の八木沢省三郎(1947年生まれ)は50歳を前に大手家電メーカーの営業マンを辞め、不動産会社に再就職した。そして、解体の決まった「骸骨ビル」から住人たちを速やかに立ち退きさせるべく、管理人として東京から大阪に赴任。作品は、この八木沢の3カ月余にわたる日記という設定になっている。

 「骸骨ビル」では、復員兵の阿部轍正(てつまさ)とその友人の茂木泰造が戦後、29人の戦災孤児たちを無償で育てた。ところが阿部は、孤児だった桐田夏美から性的な暴行を受けたと訴えられ、マスコミの標的とされたままに死んでしまった。茂木と元孤児たちの何人かは、「骸骨ビル」に住み続け、阿部の汚名を晴らしたいと考えている。真相を求めて、八木沢は夏美の行方を追う。元孤児たちは、食堂の女主人、運送屋、業界紙の発行者、おかまバーの美人ホステス、私立探偵、SM雑誌の編集者、彫金師、ダッチワイフ(女性代用人形)製作会社の社員と様々。一方、八木沢はビルにもう一度畑を甦らせようと一人耕し始める。そして、小さな命が蕾をつけるとき、骸骨ビルの本当の意味が明らかになる。

宮本はこの作品で、とてつもない何かを描こうとしている。
彼が描きたかったのは、人間の生命のど真ん中の何かなのではないか。
宮本輝という作家の奥の深さ。その作品の奥の奥にある輝き。しかして平易な文章。
読んでる最中は生命が揺さぶられる。読了後は打ちのめされた気分。
私にとっては大傑作だ。
ただ者ではない作家のただごとならぬ作品に、また出会えたことに感謝する。

a0006144_0144375.jpga0006144_0151053.jpg
[PR]