<   2008年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧

a0006144_19471972.jpga0006144_13414460.jpg

日本大通のいちょうです。
陽射しの暖かな11月最終日。
昨日は三の酉でした。
酉の市は寒い時期のイメージがぬぐえません。
でも最近は暖かいのです。
地球温暖化は酉の市にも影響を与えています。

明日から師走。
クマやリスはうたた寝を始める十二月。
土も木々も大きな眠りに入る十二月。
この不景気では、忙しさに追われることも
少ないかもしれません。
[PR]
a0006144_12292671.jpg業中の元銀行員・大原次郎は、再就職活動中に金融絡みの難題について相談を受けた。
これまでの経験と知識を生かし、怪事件を鮮やかに解決していく。
出納記録だけの謎めいたノートの持ち主を推理するスリル満点の「誰のノート?」他全七篇。
ミステリー連作集。



ブックオフにて350円。これは当たりでした。
【銀行はやめたけど】
銭湯の経営者が融資を断られた。事業内容には問題無い。隠された陰謀とは・・・
【プラスチック】
運転中、和服の女性を大原ははねてしまう。病院に運んだが、被害者は記憶混乱を起こし、自分が誰なのかわからない──。
【眼】
角膜移植を受けたその日から、彼は幻覚を見るようになった。この幻覚はドナーの見た風景なのでは?ほんのりホラータッチ。一番面白かった。
【誰のノート?】
「持ち主に返して欲しい」という遺言付きで祖父が3冊のノートを残して逝く。書かれている内容から誰が書いたノートかを推理してゆく。そしてその意外な主とは。
【家計簿の謎】
ノートの主は判明した。しかしそれだけでは終わらない。ノートに秘められた壮大な秘密。 その結末やいかに。
【人事を尽して】
最もミステリ味の濃い一編。次郎さんがすごく探偵らしくなってきた。
【常連客】
次郎さん危機一髪。これは2時間サスペンスにできるな。

いい感じの脇役の面々。
交通課の警官勝村さん、アパートの大家の娘梨香さん、マッサージ店の店主尾身さんなど。
これだけのキャラクターがいれば、続編を読みたい。長編もいけるな。
テレビドラマにするなら、V6のイノッチあたりが主演かな?
[PR]
京急横浜駅の駅メロは「ブルー・ライト・ヨコハマ」に

京浜急行電鉄(東京都港区高輪)は、駅を利用する乗客に親近感を感じてもらうことと、
駅周辺地域のPR促進を目的に、列車の接近を案内する「駅メロディ」を16駅で決定した。

 横浜駅は、1968年12月にリリースされたいしだあゆみさんの
「ブルー・ライト・ヨコハマ」に決定。「横浜の代名詞ともいえる曲で、
老若男女問わず馴染め、親近感をもってもらえる」(同社)ことが選考の理由。

 市内では、上大岡駅がゆずのデビュー曲「夏色」に、金沢文庫駅が
金沢区出身の小田和正さんが生地を歌った曲「MY HOME TOWN」、
金沢八景駅がEXILEのリーダーのHIROさんの母校が金沢八景にあることから
「道」となった。その他、品川駅と羽田空港駅がくるりの「赤い電車」、
横須賀中央駅が山口百恵さんの 「横須賀ストーリー」、
浦賀駅はたたら浜(観音崎)にゴジラが上陸したことに由来して「ゴジラのテーマ」に決まった。

 今回決定した「駅メロディ」は、今年7月から8月にかけて、
はがきと携帯着信メロディサイトで行った公募に応募があった2,177通をもとに、
列車接近案内メロディにふさわしく、乗客に分かりやすい楽曲であることや、
各駅周辺の地域色を感じることが可能な曲であることを基準に選定した。

a0006144_11594391.jpg


できれば「横浜いれぶん」(木之内みどり)にしてほしかった奴は少なくないはず。
「ドール」(太田裕美)でもいいと思う。
横浜駅隣接の戸部駅と神奈川駅は「振り向けばヨコハマ」(マルシア)にしてくれ。
そして黄金町駅には、「SEX & THE CITY」のテーマ曲なんかどうだろうw
[PR]
「羞恥心」も紅白出場!“民放の顔”勢ぞろい
大みそかのNHK「第59回紅白歌合戦」(午後7・20~11・45)の司会が24日、東京・渋谷区の同局で発表され、スポニチ本紙既報通り、SMAPの中居正広(36)と女優の仲間由紀恵(29)に決まった。出場歌手は、25日に発表される。今年はフジテレビ「クイズ!ヘキサゴン2」から誕生した男性3人組「羞恥心」、テレビ朝日「相棒」のヒットで歌手活動を再開した水谷豊(56)ら“民放の看板アーティスト”たちが目白押しとなりそうだ。

テレビ朝日ドラマ「相棒」で人気が再燃した水谷豊は初出場。劇場版が大ヒットした中、22年ぶりに発売したアルバム「タイムカプセル」がオリコンチャート2位を記録。NHKでは「スタジオパークからこんにちは」で「相棒」での水谷を取り上げており、音楽番組「SONGS」では歌手の顔をしっかりクローズアップしてきた。79年のヒット曲「カリフォルニア・コネクション」を歌うことになりそうだ。

日本テレビが製作委員会に入り、大ヒットした映画「崖の上のポニョ」の同名主題歌を歌う「藤岡藤巻と大橋のぞみ」も初出場。同局のオーディション番組「歌スタ!!」からデビューし「home」がヒットした木山裕策(40)も初出場組に内定した。



藤岡藤巻といえば「まりちゃんズ」の二人ではないか。
出す曲が軒並み発禁となった伝説のグループだ。
ぜひとも大橋のぞみを蹴倒して「尾崎家の祖母(おざきんちのばばぁ)」を歌ってほしいものだ。
そうそう、Wikiによれば、「尾崎家の祖母(おざきんちのばばぁ)」のギターはCharが弾いてるのだとか。
[PR]
a0006144_18503268.jpg人が求めるサービスがあれば、そこには必ずプロフェッショナルがいる。ロールスロイスを売りさばく辣腕営業マンから、接客の真髄をみせる伝説のゲイバーのママ、そして、あのオードリー・ヘップバーンをも虜にした靴磨きまで、技を極めた達人たち。名もなき“職人”である彼らの姿を追いながら、本物のサービスとは何か、サービスの極意とは何か、に迫った九つのノンフィクション。


以下の9つの章から成る一冊。

ロールスロイスを売り続ける男
東京っ子が通う「並天丼」の魅力
ナタリー・ウッドの背中を流したかった
チーフブレンダーの技と素顔
伝説のゲイバー、接客の真髄
命懸けで届けた被災地への電報
銀座より新宿を愛したナンバーワン・ホステス
「怪物」と呼ばれた興行師
ヘップバーンも虜にした靴磨き

ゲイのお島さんの話と、靴磨きの話が秀逸。
この本は10年ほど前に出版されたものだが、本年新たに続編が出るという。
[PR]
a0006144_12161398.jpg

a0006144_11501687.jpg
都内の工業高校へ通うオレは、何事にもやる気のない落ちこぼれ。熱くなれるのは合コンとパチスロくらいのダメっぷり。羽目を外して謹慎を食らったオレを職員室で待ち受けていたのは、キューブサット(超小型人工衛星)設計コンテストへの強制参加! 興味も知識も技術もないオレたちにどうしろと? しかし、悪友と悪知恵を総動員してなんとか作らせた設計図のまさかの入賞で、事態は思わぬ方向へ…。
(上)ハードカバー
(下)文庫版



登場人物のキャラの立ち方が見事だ。
今風の高校生、ヒキコモリ、ヲタクどもが、智慧とノリで困難な目標に突き進む。
読み終わるとなんだか元気になる。何かができそうな気分になる。
「xxxx年のXX」シリーズ、すごくいいです。
こりゃ「1995年のスモーク・オン・ザ・ウォーター」も読まないといけないな。
[PR]
a0006144_18133286.jpga0006144_1165775.jpg

クリスピークリームドーナツとマグカップ。
購入には新宿で30分待ち。人気はまだまだ衰えず。
[PR]
by minami18th | 2008-11-22 18:13 | 砂に足跡
a0006144_1215140.jpg


クオーターパウンダーです。
渋谷店にて購入。
まぁ、こんなものかな。
[PR]
by minami18th | 2008-11-22 12:15 | 砂に足跡
a0006144_19525562.jpg



青味がかってはいるものの、飲みやすかった。
ともあれ初物。ごちそうさまでした。
[PR]
ビリー・ジョエルの東京ドーム公演。
今回の来日では1回だけのライブ。

席は3塁側の外野寄り。音は気になるほど悪くない。PA技師の腕前か。
髪もヒゲも真っ白の還暦ビリー。
70~80年代に比べてキーは下げてるものの、素晴らしい歌声。
ヒット曲満載の日本向け大サービスです。
巨人の帽子をかぶって、マイクスタンドを振り回すパフォーマンスも披露。
なぜかカラテのようなポーズをとったのも、日本向けサービスかな?

ビリーだけじゃない。
バックバンドの黒人女性がすごかった。
コーラスだけかと思ったら、すごいパーカッションを聞かせてくれるし、サックスも吹く。
ビリーの休憩のつなぎなのか、ローディみたいなお兄ちゃんが登場して、AC/DCの
「地獄のハイウェイ」を熱唱。ファンには有名な人らしい。

ともあれけっこう感動してしまいました。
もしまた来日してくれたら、また行きたいなぁ。

a0006144_17281434.jpga0006144_17283913.jpg

セットリスト
01.「THE STRANGER ストレンジャー」
02.「ANGRY YOUNG MAN 怒れる若者」
03.「MY LIFE マイ・ライフ」
04.「ENTERTAINER エンターテイナー」
05.「JUST THE WAY YOU ARE 素顔のままで」
06.「ZANZIBAR ザンジバル」
07.「NEW YORK STATE OF MIND ニューヨークの想い」
08.「ALLENTOWN アレンタウン」
09.「HONESTY オネスティ」
10.「MOVIN' OUT ムーヴィン・アウト」
11.「PRESSURE プレッシャー」
12.「DON'T ASK ME WHY ドント・アスク・ミー・ホワイ」
13.「KEEPING THE FAITH キーピン・ザ・フェイス」
14.「SHE'S ALWAYS A WOMAN シーズ・オールウェイズ・ア・ウーマン」
15.「RIVER OF DREAMS リバー・オブ・ドリームス」
16.「HIGHWAY TO HELL 地獄のハイウェイ(AC/DC)」
17.「WE DIDN'T START THE FIRE ハートにファイア」
「18.IT'S STILL ROCK N ROLL TO ME ロックンロールが最高さ」
19.「YOU MAY BE RIGHT ガラスのニューヨーク」
-----------------------------------------------------------
20.「ONLY THE GOOD DIE YOUNG 若死にするのは善人だけ」
21.「PIANO MAN ピアノ・マン」
[PR]