<   2008年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

昨日、上田正樹&有山じゅんじのライブに行ってきました。
会場は下北沢の「風知空知(フーチー・クーチー)」
キャパシティ50〜60人くらいの小さなライブハウスです。

バックバンドは無しで、上田・有山のギターのみ。
雰囲気はかなりゆるゆる。こういうのもいい感じです。
あの名盤「ぼちぼちいこか」の曲が中心でした。

途中の数曲で金子マリがコーラスで参加。
前半後半、約1時間ずつのほぼ2時間のライブでした。

上田正樹の歌のうまさは当然のことながら、有山じゅんじのギタープレイが
すげぇ!!!
目の前で聞けたことに幸せさえ感じました。

こういうライブ、また行きたいものです。
[PR]
by minami18th | 2008-01-30 23:42 | 砂に足跡
a0006144_0541594.jpg「家の中に変な男が棲んでいるのよ」 念願のマイホームに入居して二カ月して妻が言う。そんなバカな…。不況、リストラ、家庭不和…。現代ニッポン人が抱える悩みを、風刺とユーモアで鮮やかに捌いた新奇想小説集。


「床下仙人」
自分の家の床下に見知らぬ仙人が住み着いていた。
不条理な世界への着地。わかりやすい安部公房テイストかな。
筒井康隆的なオチを期待したが、外れてしまった。

「てんぷら社員」
会社の社員の弱みをなんでも知ってる謎の男。
SFですね、これは。ミヤベなら、もっと深みのあるオチに仕上げそう。

「戦争管理組合」
海外赴任から帰ってきて自宅のあるマンションのロビーはいると、いきなり女に猟銃を
つきつけられた。男社会に宣戦布告した女性たちの話。
「となり町戦争」を思い出した。2時間ドラマになりそうです。

「派遣社長」
派遣社員ではなくて、社長を派遣してもらおうという話。
これも2時間ドラマ向けのネタになりそう。

「シューシャイン・ギャング」
靴磨きの押し売りを思いついた女の子と、失業中の中年親父がタッグを組む話。
磨けばもっと面白い話になるのに。もったいない。
[PR]
城彰二の引退試合に行ってきました。
横浜FCオールスターズ vs JO DREAMS というマッチメイクです。
陽が落ちるまでは寒くもなく、三ツ沢は快適でした。
a0006144_1893161.jpg

入場者数は10,015人。主審はあの岡田主審です。
横浜FCオールスターズの監督はカズ。ついに監督デビューです。
JO DREAMSの監督は井原。
どちらも選手として登録して出場してましたが。
a0006144_18103752.jpg

2-1で横浜FCの勝ち。全得点が城の得点。
前半はJO DREAMSでの出場で1得点。後半は横浜FCでの出場で2得点。
通算してハットトリック達成です。
a0006144_18121764.jpg


五輪出場やワールドカップ出場の夢を託して実現した選手たちが続々と登場。
こういう試合も楽しいものです。
[PR]
by minami18th | 2008-01-27 18:12 | 砂に足跡
<石ノ森章太郎さん>「最も多く描いた漫画家」ギネス認定
漫画家の石ノ森章太郎さん(98年、60歳で死去)が、「最も多くの作品を描いた漫画家」としてギネス記録に認定された。「石ノ森章太郎萬画大全集」(全500巻)を刊行中の角川書店によると、24日までに認定書が届いたという。
同社が「1人の漫画家の全集として500巻は最多記録」とギネスに申請したところ、石ノ森さんが生涯に残した作品数(770)とともに認められたという。全集には「仮面ライダー」「サイボーグ009」のほか、高校在学中のデビュー作「二級天使」から遺作「HOTEL」まで全作品を収録する。


私にとっては「石ノ森章太郎」より「石森章太郎」ですね。
一番好きな作品は「サイボーグ009」と「リュウの道」です。
「サイボーグ009」で残念なのは「天使編」が未完に終わったこと。
神と人類の戦い、その結末を読みたかった。
[PR]
1月27日(日)に三ツ沢で開催される、城彰二の引退試合のチケットを買ってしまった。
GKに川口が登場とか、中田が出るとか、いろんな未確認情報が飛び交ってます。
三ツ沢といえば、ずいぶん前に木村和司の引退試合にも行きました。
OBチームに松木安太郎がDFで走って歩いてましたw
そうそう、会場は違いましたが、ジーコの引退試合にも行っております。

出場予定メンバーは下記が公開されております。
<03-06横浜FCオールスターズ>
小山健二/早川知伸/小野智吉/太田宏介/中島崇典/岩倉一弥/難波宏明/真中幹夫/
坂井洋平/三浦知良/後藤義一 他
<JO DREAMS>
下川健一/井原正巳/相馬直樹/名良橋晃/田中誠/白井博幸/鈴木秀人/山口素弘/
名波浩/中西永輔/森岡茂/前園真聖/伊東輝悦/廣長優志/秋葉忠宏/中山雅史/
小倉隆史/松原良香/安永聡太郎 他
[PR]
【前提条件】
厚生年金加入者、男性1941年4月2日〜1961年4月1日生まれの方
         女性1946年4月2日〜1966年4月1日生まれの方
【特別支給の厚生年金】
前期、前提条件に該当する方は、65歳の前に、「特別支給の厚生年金」が受け取れます!
★ただし、受給には申請が必須で、申請しないと5年で時効になり、消えてしまいます!
受取開始年齢は、段階的にシフトし、
男性の場合
1954年度生=61歳から
1956年度生=62歳から
1958年度生=63歳から
1960年度生=64歳から
女性は5年シフトします。

【盲点】
そもそも我々の年金は、法律改正により、65歳から支給されるものとばかり思っています。
また、前倒しで支給を開始すると減額支給、支給を遅らせれば増額支給と思っています。
しかし、この「特別支給」なるものは、前倒し支給ではなく、支給を遅らせても増えません。
(そればかりか、前述の通り、時効で消えてしまいます。現に申告を忘れ6万人がアウト)

本来なら60歳から支給される年金を、急に65歳からに引き上げられないことに対応した段階的以降措置であり、65歳からが正規な年金と見たときに、その前の移行措置の年金部分を、「特別支給」と言うらしい。本来、申請なしで貰いたいものだが・・

⇒社会保険労務士の談:特別支給は、決まった通りに受給するのが、基本とのこと。
(5年以内なら、遡及してまとめて需給できるが、課税額が増えるので納税額が増える)
【追記】
したがって、正規な年金受給を遅らせて増額支給を狙う方は、この「特別支給」を65歳までしっかり受取り、その後、支給停止の手続きが必要。何もしないと正規な支給が開始される。

【情報源】 2007年11月20日(火) 朝日新聞 12版 31ページ記事 
[PR]
今日から出勤です。
日常が戻ってきました。

年末年始、特別なイベントがあったわけではないです。

紅白はつまらなかったな。
バラエティ番組も面白くなかった。

「のだめカンタービレ」は楽しめた。
「あんみつ姫」も面白かった。
年末に観た「魍魎の匣」は個人的にはほぼ満足。
連休最終日には「続・三丁目の夕日」観ました。
ミカちゃんの「ありがとう、おかあさん」にうるうる。

そして今年の目標。腹の周囲を減だな。
[PR]
株式会社スパイダーネットワークスは、自社が運営する直感式アンケートVSistにて
「80年代アイドル 誰が好きだった?」のアンケートを実施した。

トップ10の結果は以下の通り。あくまで個人的好みでコメントを付加。

1位  浅香唯............1位にて異議無し
2位  堀ちえみ.........2位にて異議無し
3位  酒井法子.........3位にて異議無し
4位  菊池桃子.........うーむ、微妙なとこ。
5位  斉藤由貴.........私にとってはランク外。
6位  渡辺美奈代......あまり好きじゃない。
7位  河合その子......問題外。
8位  南野陽子.........どうでもいい。
9位  中山美穂.........この中で一番美人だと思う。
10位  本田美奈子......歌手として好きでした。もっと上位でいいのに。

スケバン刑事の初代から三代まで全員ランク入りに妙に感動しました。
[PR]
a0006144_12465533.jpg英都大学推理小説研究会(EMC)のメンバー ・ 有栖川有栖,有馬麻里亜,織田,望月の4人は、大学に顔を見せない部長・江神二郎の部屋の痕跡から「神倉」へ行った事に気付き、部長を追って「神倉」へと旅立つ。
そこは新興宗教団体「人類協会 」の聖地であり、うら若き女性「女王 」が代表を務める話題の村であった。
その「村」の中心にあるのは教団の「 城 」。その「 城 」を訪問し江神部長の安否を確認したものの、5人は思いがけず殺人事件へと巻き込まれていく。


多くを語るのは無粋。
ロジックの塊のような一冊。故に読者を選ぶ作品でもある。
そこかしこに鏤められた伏線が、終盤で見事に収束。
絢爛たる論理に酔う。ミステリの醍醐味ここにあり。
[PR]
a0006144_1321290.jpg

久々の三ツ沢です。
フィールドが近いのは最高。
陽射しが温くて観戦は快適です。
日大藤沢対藤枝東の好カードです。

地元代表の日大藤沢は惜しくも敗れました。
日大藤沢の攻撃力は優ってましたが、藤枝東のスリーバックが抑えた構図。
抜かれても崩れることのない、見事な最終ラインでした。
[PR]
by minami18th | 2008-01-03 14:01 | 砂に足跡