「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

USAでiPhoneが発売です。携帯電話というより携帯Macです。
日本では、いつ発売になるのかな。

a0006144_1344651.jpg

[PR]
by minami18th | 2007-06-30 01:34 | Macintosh
路上で四つんばいのメイドさん。
宇宙人ジョーンズもびっくりです。

画像はこちらから
[PR]
内山晃議員(民主)に登院停止の処分

年金時効特例法案の衆院厚生労働委員会での採決の際に桜田義孝委員長(自民)を羽交い締めにして委員長席から引き離した民主党の内山晃議員に対し、18日の衆院懲罰委員会で決まった「登院停止30日」の処分は19日にも衆院本会議で正式に決まり、同日付で内山氏は登院停止となる見通しになった。

「委員長を羽交い絞め」ってのは、見方によってはテロ行為ですね。

野党が「議論不十分」と主張するときは、国民に訴える正当な反対理由の無い場合。
正当な理由が無く反対するのは、裏に何らかの思惑があるから。
今回の羽交い絞めは、選挙目当てのパフォーマンスにしか見えませんです。

野党の主張のガイドライン
「政府は何もやっていない」
→自分たち好みの行動を取っていないという意味

「議論が尽くされていない」
→自分たち好みの結論が出ていないという意味

「国民の合意が得られていない」
→自分たちの意見が採用されていないという意味

「内外に様々な波紋を呼んでいる」
→自分たちとその仲間が騒いでいるという意味

「皆さんにはもっと真剣に考えてほしい」
→アンケートで自分達に不利な結果が出てしまいましたという意味

「心無い中傷」
→自分たちへの非難という意味

「本当の解決策を求める」
→何も具体策はないがとにかく政府等のやり方はダメだという意味
[PR]
a0006144_1475429.jpgうちの一階に歯医者さんが開業です。正式には明日18日で、今日は内覧会です。いまどきは歯医者さんも、こういうことをやるのですね。
[PR]
a0006144_23272948.jpg憧れの大手出版社に入った間宮緑(まみやみどり)が研修を終えて受け取った辞令は、“「季刊落語」編集部勤務を命ず。”座布団に坐って面白い噺をしては客を笑わせる、あの落語…?その場で辞表を書こうかと世を儚みかけたが、せっかく入ったのにもったいない、どうにか気を取り直した。年四回発行の落語専門誌「季刊落語」の編集部は総員二名。唯一の上司兼相棒はこの道三十年の編集長、牧大路(まきおおみち)。二と二を足して五にも十にもしてしまう人並み外れた洞察力の主である。牧の手にかかると、寄席を巻き込んだ御家騒動、山荘の摩訶不思議、潰え去る喫茶店の顛末…“落ち”が見えない様々な事件が、信じがたい飛躍を見せて着地する。時に掛け合いを演じながら、牧の辿る筋道を必死に追いかける緑。そして今日も、落語漬けの一日が始まる―。

出版社の新米社員とベテラン編集長。背景には寄席、落語家。「日常の謎」ミステリに分類されるのでしょう。となれば北村薫の「円紫さんと私」シリーズと比べてしまう。
しかしこれは全く別物。比較などせず楽しむべきですね。
落語の知識など無くても楽しく読めます。でも知識があればさらに楽しめます。
作中の一編「三鶯荘奇談」の主人公が逃げ惑うシーンなどは、落語「鰍沢」を彷彿とさせます。この作品はシリーズで、第二作は長編の「七度狐」、第三作は「やさしい死神」と続きます。落語の知識を仕込みつつ、次の作品を楽しみにしましょう。
[PR]
by minami18th | 2007-06-16 23:47 | 砂に足跡
2008年北京オリンピックAFC最終ラウンド組合せ抽選会結果
グループA:
オーストラリア、北朝鮮、レバノン、イラク
グループB:
ウズベキスタン、シリア、バーレーン、韓国
グループC:
ベトナム、カタール、サウジアラビア、
日本
__________

最終予選日程(日本のみ):

8月22日(水)
日本vsベトナム
9月 8日(土) サウジアラビアvs
日本
9月12日(水)
日本vsカタール
10月17日(水) カタールvs
日本
11月17日(土) ベトナムvs
日本
11月21日(水)
日本vsサウジアラビア

なんか、めんどくさそうな国がA組に集まってますね。
ホームできっちり勝てば、日本の勝ち抜けは可能でしょう。
9月8日のアウェーが前半のヤマですね。
[PR]
【ビンゴR(リターンズ)】
携帯型の核兵器を所持するロシア人テロリストが日本潜入——。新宿ゴールデン街のバーのマスター小田健(オダケン)は、敵が上陸した小樽に居合わせ、炎上する犯行現場で対峙する。東京では、“日本再生”を企てる謎の組織が暗躍していた。
【大脱出】
世界最強の傭兵“傷(ラーナ)”が、金沢潜伏中の志波銀次を襲う。銀次を目の敵にする日本政府もまた、自衛隊を出動させ陸空から包囲にかかる。オダケンが合流した東京では、核を持ち込み、”日本再生”を企てる右傾化グループを突き止める。米政府も謎の動きを見せる中、この国はどこへ——
【突破再び】
日本転覆を企てる「新生大和会議」の恐るべき陰謀を、オダケンは明らかにしていく。日本を守る“鍵”を、小倉が地元の神岳会の広岩親分から預かったのは、大文字一徹。この豪快探偵は一路東京に向かう——はずが、CIAエージェントの尾行を知ってか知らずか、食道楽の珍道中を!
【激突】
秩父日召率いる極右集団が雇った“傷”をリーダーとするテロリストたちが、都庁を占拠した。敵の作戦の全貌を掴んだオダケンたちは銀次、一徹の合流を待ちつつ、東京に持ち込まれた核爆弾の在り処を探るため都庁に潜り込み、傭兵たちとの決戦に挑む。著者渾身の2800枚大長篇、オダケンシリーズここに完結。

2006日本冒険小説協会大賞受賞作だ。
まずは小樽に旅行中のオダケンがロシア人の銃撃戦に巻き込まれるところから話が始まる。続いて志波銀次が金沢で命を狙われる。大文字一徹は小倉で旧知の親分から正体不明の子供の護衛を頼まれる。日本各地で起こった火種は徐々に東京に向かい、その終着点は・・・

観覧車を転がし、自転車で戦車と戦い、あんなもので戦闘ヘリ・コブラに立ち向かい、都庁はあんなことになり、アクアラインがこんなことになってしまう。シリーズおなじみの梨花、万葉、土器手、ケンペーたちも大活躍だ。
B級アクションと言わば言え。楽しくて痛快だからいいのだ。この2800枚の大長編は読み終わるのが惜しくなるほど楽しめる。そして楽しいだけじゃない。底流には「国とは何か?」という問いかけがある。これは国を揺るがす支配者に立ち向かう男たちの戦いの物語なのだ。

a0006144_23164547.jpga0006144_23183098.jpga0006144_23185665.jpga0006144_23192934.jpg
[PR]
by minami18th | 2007-06-11 12:20 | 砂に足跡
高校の後輩出演のライブに行ってきました。
会場はJR大森駅から徒歩3分の「風に吹かれて」
ピピ&コットの金谷あつし氏のお店です。
ライブハウスではなく、来たお客さんが歌ったり聞いたりというコンセプトのお店のようです。
こじんまりしたPAとステージです。基本的にフォークをやる場所ですね。
故にドラムセットは置いてません。ギター下げて行けば、いつでも歌えるようです。
和気あいあいの雰囲気がすごく良いお店ですね。

今夜歌った友人"ワイルドターキー"のステージの様子です。

a0006144_23304563.jpg
a0006144_2331415.jpg
a0006144_23341686.jpg
[PR]
by minami18th | 2007-06-10 23:33 | 砂に足跡
会社で使ってる電卓が、成仏してしまいました。
その前のSHARP電卓は10年使って、液晶が逝ってしまいました。
今回逝ったのはメーカー名も書いてない中国製の電卓です。
断線による故障のようですが7年持ったのは上出来。

業務上、貨物の容積計算のために、小数点第3位の桁下指定機能が必須。
総務のアヤコさん(仲間由紀恵似)に新しいの買って買ってとお願いしたら、
自分で買ってこいとのお言葉を頂戴しました。
ただし2000円限度との厳命付き。(彼女はSに違いありません)

ということで本日横浜のヨドバシで購入したのがこれ。
a0006144_17511057.jpg
「SHARP 脳を鍛える計算ドリル付き電卓 脳年齢測定機能付き」
1980円でした。限度内なので総務のアヤコさん(仲間由紀恵似)のご機嫌を損ねる
こともないでしょう。

さっそく脳年齢測定。50問コースで1問間違いで、結果は「40歳」でした。
実年齢より下なので、良しとしましょう。
[PR]
by minami18th | 2007-06-09 17:55 | 砂に足跡
a0006144_17235464.jpga0006144_17235541.jpg

近くの川はクラゲだらけ。橋の上から見えるだけで数百。
珍しいことではないけれど、少々時期が早いかな?
[PR]