<   2005年 12月 ( 27 )   > この月の画像一覧

今年も後少し…
大晦日ですね。
2005年を振り返ってみる
やっと年賀状の作成が終わりました。
明日出すことができます。今年の作成は家族全員で246枚。
郵便屋さん、ごめんなさい。

2005年、ここに来ていただいた多くの皆様、ありがとうございます。
2006年も、無理せずぼちぼちやってゆきますので、どうぞよろしく。
[PR]
年賀状がやっと…
やっと年賀状印刷を始めました。
「宛名職人」で裏面は作っておいたので、印刷をするだけです。
新しいプリンタのキヤノンMP500は快調。
コピー機としてもスキャナとしても大いに役立ってます。
複合機はいいですねぇ。

来年は戌年なので、わが家の愛犬「さくら」が年賀状の素材です。
よし、ここの元日アップにも同じものを使ってしまおう(手抜き?)
[PR]
a0006144_0254620.jpg
[PR]
a0006144_024043.jpg
[PR]
話をすると、おとなしげな普通の高校生だったとのこと。
娘と同じスカートをはいてました。
a0006144_020833.jpg
[PR]
フィギュア代表決定!みんなガンバレ!
今日の午後、安藤美姫が契約してるブランドの店で、握手会(らしきもの)があるとか。
お店から「来ませんか?」と声がかかったので、行ってきます。
私じゃありません。娘が行きます。予備校の講習を抜け出して。

連戦の疲れを癒す間も無く、彼女には別の角度での戦いがあるのですね。
世界で戦うアスリート。競技だけに専念していられるわけではないのですね。
[PR]
HG玩具:同性愛者差別を助長と発売中止要請

 人気お笑い芸人、レイザーラモンHGさん(30)をキャラクターに使った玩具を発売する「トミー」(本社・東京都)などに対し、同性愛者など性的少数者の教職員でつくる「セクシュアルマイノリティ教職員ネットワーク」(STN21、本部・京都市)が、同性愛者差別を助長するとして、発売中止を申し入れた。
 この玩具は、樽(たる)に剣を突き刺し、中の海賊が飛び出したら負けという人気玩具「黒ひげ危機一発」のHG版。「爆笑問題のバク天! 黒ひゲイ危機一発」という商品名で今月30日に発売を予定し、レイザーラモンHGさんの人形が「フォーッ」と叫びながら、飛び出す仕組み。
 STN21は、同性愛者やそれを連想させる人物を樽に入れて剣を突き刺して楽しむ玩具は差別で、子どもたちに「同性愛者は差別して良い」との意識を植え込む恐れがある−−と指摘。「社会や学校で孤立しがちな性的マイノリティーに苦痛を与え、いじめのきっかけを作りかねない」としている。
 トミー広報チームは「この玩具は、捕らわれた黒ひげを味方の海賊が救出するというコンセプト。指摘されたような『同性愛者を剣で突き刺して楽しむ』との認識はなかった。差別の助長には当たらないと考えているが、申し入れを真しに受け止め、理解してもらえるよう説明したい」と話している。

(左:黒ひゲイ    右:黒ひげ)
a0006144_11521568.gifa0006144_11523495.jpg
STN21とやらが因縁つけてるようにしか見えませんね。
ケツの穴の小さいこと、ぐだぐだ言ってるんじゃねーよ。
え?小さくない? はぁ・・・・・なるほど。
[PR]
前に書いたとおり王様の「カブトムシ外伝」をAmazonで購入。本日到着しました。
ジャケ表は"WITH THE BEATLES"のパロディ。
裏面は「アビイ・ロード」。ただし富士山をバックにどこかの農道を渡ってます。
ワーゲン・ビートルも当然あり、渡る面々の手の位置、足の位置はオリジナルと同一。

曲のほうは・・・・・・・最高です。
直訳ロック炸裂ですね。これはもう聞くしかありません。

おまけでついてたシールの画像でもアップしておきましょう。
a0006144_1781855.jpg
[PR]
by minami18th | 2005-12-24 00:00 | 砂に足跡
新潟県は京都に近いほうから上越、中越、下越に区分される。
(今日まで「江戸に近い方から下・中・上」の順だと思ってました)
下越が停電してる。要は新潟県の1/3が停電ということ。

新潟の県庁所在地でお医者さんやってる友人からの報告。
停電により病院は休診。エレベーターは動かず、館内はどこも薄暗くなって、昨日は夕方までレントゲンもとれない状況。

ガソリンスタンドにはタンクローリー車もこれず、ガソリンの販売も10ℓとかの制限付きでおこなわれてるとのこと。

商店なら休業でしのげるが、病院はそんなわけにはいかない。
一刻も早い復旧を祈るしかない。
雪国でさえこんな現状。横浜だったら、都市機能は完全にマヒしてしまうだろうな。
[PR]
悪質商法が後をたたない。
リフォーム詐欺が大きな事件として注目されたが、地震への不安やアスベストの恐怖を口実に、新たな手口の詐欺が登場してるという。

いわゆる「架空請求」詐欺は減少してるらしい。
「減少」ということは、無くなったわけではないということ。
いつ我が身が狙われるかわからない。
今月初めにうちの子供の携帯に、架空請求の留守電が入っていたし。

最近増えてきたのは、大手金融機関などを装って低利融資の話をもちかけ、保証金などと称してお金をだまし取る「貸します詐欺」。被害が急増してるそうだ。

世の中にうまい話など無い。安くて安全なマンションも無い。
いやな時代になっちまったものだ。
[PR]