<   2005年 10月 ( 34 )   > この月の画像一覧

a0006144_23123923.jpg伊勢佐木町です。電飾が付きました。なぜか2丁目エリアだけに付いてます。それなりに良い雰囲気を醸し出しております。もう少し先に行くと、キャバクラの客引きのおねえさんが待ち構えてます。
[PR]
靖国参拝議員はお断り 親善サッカーで韓国

日韓の国会議員による親善サッカー試合をめぐり、韓国側が靖国神社に参拝した議員の参加辞退を申し入れていたことが30日、分かった。
韓国の国会議員サッカー連盟の会長を務める与党、ウリ党の張永達議員によると、5月から延期されている試合を来月中旬ごろに行おうとの提案が日本側からあった。張議員が「韓国内の国民感情もあり、靖国神社に参拝した議員は参加を遠慮してもらいたい」と条件を付けたところ、日本側は「参加議員が少なくなるがよいか」と回答したという。
張議員は「友好促進のため交流は続けるが、参拝した議員と、しなかった議員は選別して対応するというのが基本姿勢」とし「早く過去の問題を解決し、欧州の英仏のような関係にならなければいけない」と強調した。


たかが草サッカーに政治を持ち込むなよ。
「親善」する気はありません、と言ってるのと同じじゃないか。
いろんな違いを乗り越える一助として「親善試合」をするんじゃないの?
しかし挑発を乗り越え、日本があえて大人の対応をするという手もありか?
どうせ韓国が勝つんだし、接待ゴルフみたいなもの。
やる必要も無いという気持ちと半々ですね。
[PR]
テレキャスターの形をしたウクレレがあると、今日うちのバンマスから聞きました。


名前は「テレレ」というらしい。


「テレレ」でGoogle検索。


・・・・・みつからない。


・・・・・ガセネタ?


「Fender ウクレレ」で検索。


・・・・・みつからない。


・・・・・ガセネタ?




Fender製とは限らない、パチモノも考えられると思い



「テレキャス  ウクレレ」で検索。



見つかった!     本当にあるんだ・・・・






これが「テレレ」。
テレキャス型のウクレレだから「テレレレ」というべきか。
a0006144_2310537.gif





正式名称は「Rock Uke(ロックユーク)」。MADE IN CHINAである。
ヘッドのロゴは「K.Wave」と記されている。
ボディ内部にピックアップも仕込まれてるらしい。裏側はこうなってる。
a0006144_23132179.gif

価格は¥29,400.-なり。
これ持ってライブで演奏したら、「テレレのおじさん」と呼ばれそうだ。


いろいろながめてたら、こんなのもあった。





オベイションのウクレレ。





a0006144_23234499.gif

インパクトはテレキャスに比べると今一歩だ。




さらに見てたら、こんなの発見。







a0006144_23252769.jpga0006144_23254539.jpga0006144_2326318.jpga0006144_23331548.jpg


レスポールじゃねーか!!

正式名称は「Rock Uke Res.Polfus(ロックユーク レス・ポルファス)」だとよ。




楽器のディープな世界を垣間見た思いでした・・・・・
[PR]
中高年、本離れ進む…読売世論調査
「本離れ」は、若者より中高年の方が深刻――。読売新聞社が15、16の両日に行った「読書」に関する全国世論調査(面接方式)で、年代が上がるにつれ「本離れ」の傾向が見られ、特に、中高生を子に持つ人が多い40歳代で、2004年の前回調査より7ポイント増の44%と、「活字離れ」が増えたのが目立った。

この1か月間に本を「読まなかった」人は52%で、1980年から始めた同調査で3番目に高かった。年代別に見ると、20、30歳代は各41%で、前回調査より減ったのに対し、40歳代から上の年代は増加、50歳代は55%、60歳代は61%、70歳以上は66%だった。読んだ本の数は「1~3冊」が39%、「4冊以上」が9%で、いずれも前回調査比1ポイントの微減。

一方、インターネット通販で、本を購入した人は03年の前回調査比3ポイント増の10%だったが、20~30歳代が2割台で、若年層を中心に読書に対する環境の変化も見られる。

活字離れに歯止めをかける方法では、
「『読書の時間』を学校の授業科目にする」40%が最も多かった。

中高生を子に持つ人が多い40歳代=私の世代ですな。
ずっと前から、本を読むやつは読むし、読まないやつは全く読みません。
娯楽も多様化してるから、本離れが少々進んでも不思議ではないし。

「『読書の時間』を学校の授業科目にする」なんてバカなことだけはやめてほしい。本は自分で選択するもの。どんな面白い小説だって、押し付けで読まされたら苦痛しかありません。

さらに読み手を減らす大きな原因に、「読書感想文」の宿題があると思ってます。
ありゃ苦痛以外の何者でもありません。感想文に書くための感想をひねり出すのに苦労したのは、世間に私だけではないはずです。

本は食べ物と同じで、好き嫌いもあるはずです。
ウマいと思うか、マズいと思うか、それは人それぞれ。
周波数の合う本に出会えば、必ず読書は楽しくなるはず。
でも周波数が合いすぎると、活字中毒ってやつにになってしまいます。
これはこれで困ったものですがね。

映像メディアばかりに頼っていると、主体性や創造的な精神が奪われ、既成の概念や権威・権力にとらわれやすくなるという。他者への想像力を失った世の中がどうなるか。住みやすい世の中ではないことだけは確かだろう。

エマソン曰く「書物は人生における最大の精神的恩恵である」。

良い作品に巡りあい、豊かな人生の糧にしたいものだ。
[PR]
by minami18th | 2005-10-29 00:00 | 砂に足跡
a0006144_1211578.jpga0006144_1212854.jpg
あり得ないような事件が発生する。その謎を科学的に解きあかす理工学部助教授の湯川学。ワトソン役は刑事の草薙俊介。

<探偵ガリレオ>
【燃える〜もえる〜】いきなり空中で自然発火し、人が焼死する。
【転写る〜うつる〜】湖で発見された金属製のデスマスク。
【爆ぜる〜はぜる〜】いきなり海から火柱が上がり爆死。
【壊死る〜くさる〜】心臓だけが壊死した死体。
【離脱る〜ぬける〜】目撃者の少年は幽体離脱したのか。

<予知夢>
【夢想る〜ゆめみる〜】彼は何故、彼女が生まれる前から、彼女の名前を知っていたのか。
【霊視る〜みえる〜】女は殺されたのと同じ時刻に別の場所で目撃された。
【騒霊ぐ〜さわぐ〜】毎晩八時に家が揺れる。ポルターガイスト?
【絞殺る〜しめる〜】ホテルで発見された絞殺死体。火の玉の正体は。
【予知る〜しる〜】二日前に同じ自殺シーンを見た少女。ラストが秀逸。

これらの事件ををすべて、論理と科学で解き明かしてゆく「探偵ガリレオ」シリーズを2作品。
不思議な状況での死体発見。すべて科学の裏付けをもって解明。
物理的トリックも見せ方でまだまだ大丈夫。本格のツボは、きっちりと押さえてます。
作者は大阪府立大学の電気工学科卒なのですね。なるほど納得。
[PR]
by minami18th | 2005-10-28 01:28 | 砂に足跡
第82回東京箱根間往復大学駅伝(1月2、3日)の予選会
第82回東京箱根間往復大学駅伝(来年1月2、3日)の予選会が22日、東京都立川市の国営昭和記念公園内の20キロで行われ、東洋大など9校が出場権を獲得した。

6位までは各校上位10人の合計タイムで順位が決まり、東洋大が10時間10分17秒で1位となり、2位は早大、3位に国学大が入り、山梨学院大は4位。以下、大東大、城西大が続いた。

7位以下は関東学生対校選手権の成績などをタイム換算して、予選会の合計タイムから差し引いて順位を決め国士大、明大、専大が入った。

本大会はこの9校とシードの10校、関東学連選抜の計20チームで争う。

(シード校)
駒澤大、日体大、日大、中央大、順天堂大、東海大、亜細亜大、法政大、中央学院大、神奈川大
(予選会)
東洋大、早大、国学大、山梨学院大、大東大、城西大、国士大、明大、専大 (+関東学連選抜)



学連選抜の連中が意地を見せてトップ争いに食い込んだら面白いが、難しいだろうな。
大学一を決める大会でもないのにテレビ中継まである、考えれば不思議な大会ですね。
でも何だか毎年見てしまいます。来年も見てしまうんだろうな。

箱根駅伝を描いた小説はこちら。(書評サイト「なまもの!」にリンク)
a0006144_12545317.jpg

さらに五輪マラソンの選考を描いたものもついでに。(書評サイト「なまもの!」にリンク)
a0006144_12554577.jpg
[PR]
自民党除名通知は運送会社が配達
新党日本の荒井広幸幹事長は24日、党本部で会見し、自民党からの除名処分通知が信書を取り扱えない民間運送会社により配達されたことを明かした。

「1人1人の除名通知は信書だから(郵便局で)郵送されなければいけない。それさえも分かっていない」と批判した。同席した滝実総務会長は「運送会社が運ぶのは雑誌、本のたぐい。自民党はあえて郵便法違反を犯していて、本来なら刑事告訴の対象だ」と憤慨。田中康夫代表(長野県知事)も「雑誌などの印刷物、ダイレクトメールと同じ扱いだ」と指摘した。

「信書」は特定の受取人に対し、差出人の意思を表示、または事実を通知する文書。その送達は郵便局か、信書便法の許可を受けた民間業者のみが行えることになっている。


これ、わざと郵便局を使わなかったんだろうな。
受け取った側が騒ぐと、民営化へのアシストにもなりそうだ。
そして、この運送会社が「トナミ運輸」だったら、さらに笑える。
[PR]
a0006144_1651344.jpg四国リーグ所属の高松FCが、来季より「カマタマーレ讃岐」と名を改めJリーグ参戦を目指すことを明らかにした。 平井卓也・高松スポーツクラブ会長は、昇格時の経済効果は7億円と予想。徳島ヴォルティス、愛媛FC、高知南国FCと共に四国を他に類を見ないサッカーアイランドにしようと気勢を上げている。

新チーム名は「カマタマーレ讃岐」。2006年シーズンより、新ネームで始動!

いよいよ、高松FCのJリーグへ向けた本格的なチャレンジが始まります。日本にプロスポーツとして根付き、地域との密接な関係を大切にするJリーグを、ここ香川県にも誕生させたい。
そして、地域の活性化や健やかな暮らしづくりの率先役として、地域に貢献していきたい、という願いを込めた 私たちの夢が動き出そうとしています。 この夢を夢で終わらせないために、選手、スタッフ一同これまで以上に頑張ってまいります。

新ネーム「カマタマーレ讃岐」は、その名の通り、讃岐うどんの定番「釜玉(カマタマ)」と、海を意味する「マーレ[mare(伊)]」をミックスした名前です。
瀬戸の海に囲まれた美しい香川の自然と全国に誇る讃岐うどん。
特に「釜玉」は、全国的にも類を見ない、まさに讃岐ならではのうどんです。
その名をチーム名にいかすということは、讃岐を愛し、讃岐を誇りに思う気持ちの表れなのです。
また、チーム自体も讃岐うどんのように、ツルッと滑らかなパス回し、腰が強く、逆境にもめげないねばりのあるチームになってもらいたいという願いも込められています。



「釜玉(カマタマ)」って、これですね。
a0006144_16131784.jpg

いや、まあ、香川県の皆さんがいいのなら、べつにかまわないのですが。
ネーミングって大事ですよね。もうちっと・・・、なんとか・・・・・、う~ん。

応援はどんなふうになるのかなぁ。

カマータマーレ!(ドドンガドンドン)

でも、こんなふうに聞こえそうです。

カマータマーレ!(うどんがドンドン)

浦和レッズのサポーターはレッズサポと呼ばれる。
横浜Fマリノスのサポーターはマリサポと呼ばれる。

カマタマーレ讃岐のサポーターは・・・・・・・カマサポかよ!
[PR]
a0006144_2103213.jpg弁当屋に勤める靖子は、別れた夫に家に押し掛けられ、はからずも娘と協力するような形で元夫を殺してしまう。自首しようとする靖子に、様子を察した隣の部屋に住む高校の数学教師・石神が声をかけてきた。
「自首するのなら止めないが、そうでないのなら協力する。」

すごいです。他に言葉がありません。犯人側と捜査側の両方で語られる、倒叙ものの作品です。しかし犯人の行動は終章まで明かされないので、犯人がどのようなトリックを仕掛けたかは最後のお楽しみ。

これはミステリですが、恋愛小説の範疇に入ってもいいですね。せつないラストですが、ほのかに光を感じました。これをハッピーエンドと解釈する読み手は少なくないはずです。度肝を抜くトリックと最後に見せる犯人の慟哭。数学教師・石神の造形がすばらしい。

今年のミステリのベストワンになる可能性が大きい作品です。
[PR]
by minami18th | 2005-10-24 02:24 | 砂に足跡
a0006144_19263766.jpga0006144_19281520.jpg
主人公船木聖司は、謎めいた老人・松葉伊志郎の依頼で、豪華限定本の編集・製作を仕事にしている。松葉から「日本の発酵食品を後世に残すための本」の依頼をされる。日本各地を取材するうちに、聖司は微生物のもたらす発酵という偉大な営みに魅せられていく。
発酵食品の取材を進める一方、死に際に祖母がつぶやいた「ヒコイチ」という言葉の謎や、過失で自分の父親を殺してしまった男の消息を、聖司は知ることになる。そして、愛してはならない二人の女性との出会いが生まれる。

宮本輝の作品を読むたびに「こいつはただ者じゃない」という思いにかられる。
この人は何か物凄い、途轍もないものを小説で書こうとしてるのだ。
しかし文章は平易で読みやすい。読み終えるのが惜しくなる。

冒頭の一行。
「死というものは、生のひとつの形なのだ。この宇宙に死はひとつもない。」

微生物による発酵という極小の生命の営み。宇宙という極大の生命。
船木聖司を巡る人間模様を通して、生命の不思議なからくりを宮本は書きたかったのだと思う。
人間の持つ宿命や業。そして幸福になる方途。
勇気とは何か。勇気を出した人間には何がもたらされるのか。

読み終えた時には、「よし、俺もがんばって勇気を出して生きてみよう」と思えるはずだ。
人間の、いや生命の持つ可能性と大きな力を感じさせてくれる、希有な小説である。

自信を持って言える。これは「絶対に読むべき一冊」だ。
[PR]
by minami18th | 2005-10-23 19:55 | 砂に足跡