<   2005年 01月 ( 23 )   > この月の画像一覧

a0006144_1333885.jpg財布は空っぽ、乗る馬にも恵まれず、さえない毎日を送る青年騎手・八弥(はちや)。それでも夢を忘れない彼に、ケタ外れの新馬に騎乗のチャンスが訪れた。しかしそこには、意外な落とし穴があった。エリート騎手との対決、目標であった先輩騎手の失踪、大馬主の横暴、そして競馬担当の女子アナとの間に芽生えた恋。様々な思いを抱え、彼は天皇賞の大舞台を疾走する。
第14回小説すばる新人賞受賞作。


私は競馬をやりません。競輪はもちろん、パチンコとかのギャンブルもやりません。
父親が麻雀荘を経営してたので、麻雀は打てますが、博才が無いことは大いに自覚してます。ささやかなイカサマ技もいくつか身につけてましたが、全自動卓になった今、役に立ちはしません。

だからレース展開だとか、脚質による馬の有利不利だとか、ハンデ戦の仕組みだとか、レース名だとか、特別登録だとか、競馬の専門用語や仕組みの知識はまったくわかりません。

でもそんな私でも、十分に楽しめた小説でした。競馬の知識のある人なら、なお一層楽しめるでしょう。実際に馬に触れる騎手、厩務員、調教師の息遣いが聞こえてくるような気にさせる本です。馬と気持ちをあわせて信頼関係を構築したり、日常の世話のこととか、興味深いシーンも数多くありました。

競馬というものは、途轍も無く奥深い世界なのだと思います。
「優駿」を書いた宮本輝。かつては競馬狂だったそうです。しかし彼はある日、こんなことに気がつきました。
「動物の背中に他人が乗って走っている。勝ち負けなんてわかるはずがない」

私の住まいの近くには、場外馬券売り場があります。歩いても行ける距離なので、競馬新聞を手にした人をよく見かけます。そういう人たちを見るたびに、宮本輝のさきほどの言葉を思います。他人の考えてることがわかるわけがない。まして動物の考えてることなんか、わかるわけがありません。

「ジョッキー」を読んで、その思いをますます深くしました。馬券を買う人は、新聞の情報や、過去のデータ、パドックでの様子などをもとに、様々な予想を立てるのでしょう。しかし、馬と騎手の精神状態や、それをとりまく状況は我々には知ることができません。それを承知で投票するのだからこそギャンブルなのでしょうが、私はそんな気にはなれません。
競馬を楽しむのは、小説の中だけにしておきましょう。
[PR]
by minami18th | 2005-01-30 14:15 | 砂に足跡
「800」(川島誠)を購入。陸上の800mを舞台にした小説です。未読なので感想は後日。

私は走ることが得意ではない少年でした。競走だけではなく、球技だって下手くそでした。
要は運動神経の良くない子どもだったわけです。

小学校の運動会の徒競走。1位から3位に入賞するとリボンがもらえました。
体操着の袖に付けられた赤や黄色のリボン。
一度でいいから欲しかったけど、自分には一生縁のないものだと思ってました。
中学校に入っても同じようなものでした。

進んだ高校ではクラス対抗で陸上競技大会がありました。
種目は100m、200m、400m、1500m、走り幅跳び、走り高跳び、砲丸投げ、円盤投げなど。
運動部とか自信のあるやつから各種目に立候補してゆきます。
複数の種目にはエントリーできないので、最後のほうは推薦か、残った者が出場するしかありません。

残った種目は400m走。
自信の無かった私が立候補するわけもなく、静かにしてたら隣の席のやつが私を推薦しました。
早く終わらせたかったのでしょうね。異議無く決定してしまいました。
「俺じゃビリだぞ」と言ったら、「心配するな。誰も期待してないから」との声。

私は弓道部に入ってました。多少のランニングとかはしても、鍛えるような運動はしません。
なにせ弓道部は「文化系運動部」と揶揄される部活動でしたから。

迎えた当日、暑いくらいの春の好天だったのを覚えてます。
学年ごとに予選を行ない、上位3名が決勝に進出します。

自分をはじめ、誰一人として決勝進出なんて期待しないまま、スタートしました。
夢中で走って、我に帰ったときは私がゴールのテープを切ってました。
走ることで初めて一番になりました。

速いやつは他の種目に行ったから勝てたのでしょう。さらに400mという距離が
私に合っていたのかもしれません。決勝でも3位でゴールに入ることができました。
小学校の運動会のようなリボンこそ無かったものの、クラスの仲間たちからの祝福の声が
うれしかったです。

翌年以降の400mは、私の指定席になってしまいました。
2年のときも予選1位、決勝3位。
3年のときには、あいつ(私のこと)が勝てるのだから400mは穴場なのだとの噂が流れ、
運動部の連中がエントリー。でも予選2位で決勝4位でした。

良い意味で周囲の期待を裏切った、高校時代の良き思い出です。
[PR]
「ブラジャケ」欲しぃ~。
"ブラジャケ"みっけ

クマが鮭をぶらさげているわけではない。

ブラジャケ=ブランドジャケット。
要するに文庫本のカバーなのだ。
公式ページまである。けっこうオシャレじゃないか!
中央部が飛び出してるのは、しおりになってるのですね。
リーガルとかペリエのは入手したいと思ふ。

書店や出版社が文庫本カバーを無料で配布することは過去にもあった。
現に私も白泉社の黒いオストリッチ風のビニール製カバーを愛用してる。
水戸に行ったときに、駅近くの書店のレジの脇に、無造作に積んであったのを頂いた。

頂いたといっても、万引きしたわけではない。
「ご自由にお持ちください」の箱から頂いたのだ。念のため。

サイトで置いてある書店をチェック。
うーむ、横浜市内で5店舗だけかぁ。ちょっとさびしいな。
とりあえず今日の帰りに、関内駅前のセルテの芳林堂に寄ってみよう。
[PR]
by minami18th | 2005-01-27 15:08 | 砂に足跡
音楽チャートなどで知られるオリコンが、2月8日から、10万曲にわたる音楽配信「オリコンミュージックタウン」を開始することが25日、分かった。過去40年に及ぶオリコンランキングからパソコンを使って直接ダウンロードができる画期的な試み。10万曲の配信サービスは国内最大規模。オープニング企画として、KinKi KidsとNEWSのライブ音源を初めて期間限定で配信する。

 ヒットチャート老舗のオリコンは、過去40年にわたるヒットランキングを保有している。新設のサイトはランキングから、過去のヒット曲を直接ダウンロードして楽しむことができる新しい試み。膨大なデータを生かし、洋邦楽合わせて10万曲という、日本で最大規模の配信サービスを実現させた。

 新譜はもちろん、膨大な量の旧譜の配信を行うことで、音楽市場の拡大に結びつく試みだけに、30社以上のレコード会社が賛同。関係者は「日本の音楽配信時代の夜明けが訪れたと言ってもいい」と話した。



1曲350円だそうです。 他のパソコンへのコピーは不可。バックアップも不可。
音楽CD, MP3 CDへの書き込みも不可。ファイル消失時の再ダウンロード不可。
WMA対応携帯プレーヤーにコピーして再生できるのは1回だけで、入れ替え不可。
そして極め付け。「Macには対応してない」、ときたもんだ。

こんな仕様で、オリコンは何がしたいんでしょう? パソコン買い替えたら、買った曲は捨てるしかないのか?
ハードディスクが壊れて、再インストールを余儀なくされたときはどうなる?
価格が1曲350円だと? TSUTAYAでレンタルしたほうが、よっぽど安いじゃない!

「日本の音楽配信の夜明け」だそうですが、日の目を見ることはできるのかな?
私はiTMS-Japanの開始を待つことにします。


<追記>
オリコンサイトのQ&Aに面白い記載がありました。
MacintoshのiPod、iPod Mini、iPod shuffleなどには転送できません。」

ほほう、iPodはMacintoshという会社の製品だったのか。
私はAppleの製品だとばかり思ってました。(爆
[PR]
by minami18th | 2005-01-26 23:07 | Macintosh
清水ミチコの父親に振り込め詐欺の電話があったらしい。

犯人「もしもしオレ、オレだけど!」
父親「おう、サルヒコか、どうした」
犯人「うん、サルヒコだけど・・・」
父親「そんな変な名前の奴知らん!」
[PR]
a0006144_1051582.jpg上海にはこんなのがあるのか!、と思ったら、福建省にすでにあったのか!

リンクその1 その2

新橋の駅前に設置したら、大人気になりそうだ。
[PR]
a0006144_9504337.jpg岐阜県美濃加茂にある「加茂運商」の社長気良は、気むずかしく社員に厳しかった。しかし社員時山(25)、坂井田(22)、荒(31)は、配送の帰りの空荷に祭りの金魚を積んで帰り、テキヤに届けるアルバイトをして小遣いを稼いでいた。3人の帰りが遅いことや、車内の汚れからバイトがばれ、即クビに。逆恨みした3人は、見張り役に未成年の湯元(16)を加え、4人で気良邸を襲撃。火を放って気良夫妻を殺害し、子ども2人には大火傷を負わせて逃げる。
犯人たちは荒を主犯に仕立て、荒以外の3人は従犯扱いで先に出所した。21年後に荒は出所し、姉の友人山田祐二を頼り訪ねていく。

加茂病院に入院していた滝中守年刑事は末期がんだが、一応退院を許され現場に復帰した。その頃ヤク中の坂井田を訪問する男が。坂井田はナイフで刺され死亡し、荒の指紋が検出される。最後の事件として追う滝中。そして時山も麻雀荘で殺され、麻雀パイからまたもや荒の指紋が。


文庫を買おうかと思ってましたが、古本屋にて500円でゲット!(^o^)
渡瀬恒彦主演で2時間サスペンスドラマになったようですね。前から気にはなってましたが未読の作品でした。「犯人に告ぐ」が傑作だったので、期待して読みました。面白かったです。ただしメインのトリックには「?」を付けざるを得ません。これ、可能なのでしょうか?

読者の論争を誘うようなトリックですが、作品の面白さを損なうものではないと思います。登場人物は、救いの無い人間ばかりのようですが、そう設定したのは作者の狙いなのでしょう。刑事の娘が心を病んでゆく心理描写にも読み応えを感じました。
[PR]
by minami18th | 2005-01-24 10:01 | 砂に足跡
a0006144_173912.jpg三十代後半で芸能事務所の社長をしている敦子は、高校時代の同級生3人組から呼び出された。伝説の横綱で、今は親方をしている南ノ峰に逢って欲しいというのだ。相撲には何の興味もない敦子は、仕事の話だというのでしぶしぶ赴いた。そこで南ノ峰から意外な申し出を聞くことに。引退した相撲取りで親方になれるのはほんの一握り。手に職もなく、学歴もない相撲取りは、廃業したあと苦労している。そんな彼らの就職の受け皿として、元相撲取りだけの警備会社を作りたいというのだ。

すごい設定です。相撲協会理事長の発案で、元相撲取りだけの警備会社が設立される。空き部屋ばかりの別会社の寮を借りて、新会社は発足。制服を作った洋品店は、あまりのサイズの大きさにクレーム覚悟で納品にきたり、逮捕術を教える先生も、10分で教えることがなくなる始末。さらに相撲取りの中にひとりだけ混じったユニークキャラの「ただのデブ」。
 
マイケル・ジャクソンを思わせる外タレの警備から、意外な展開へ。
マイク・タイソンを思わせる格闘技選手の警備から、意外な展開へ。
終盤近くには、ホロリとしてしまうエピソードも。

いやいや、楽しい小説でした。これはぜひ「都立水商」も読まなくては。
[PR]
by minami18th | 2005-01-23 01:08 | 砂に足跡
昨日、甲斐よしひろのライブDVDを観ました。
甲斐よしひろ→竹田かほり→桃尻娘→橋本治
こんな連想をしました。

そうそう、橋本治が百人一首を現代語にしたものを発表してます。
その一部を紹介します。

しのぶれど 色に出でにけりわが恋は ものや思ふと人の問ふまで (平兼盛)
隠しても 顔に出ちゃった僕の恋 「何かあるの?」と人が聞くもの

花の色は うつりにけりないたづらに 我が身世にふる 眺めせしままに(小野小町)
花の色は 変わっちゃったわ だらだらと ひとりでぼんやりしてるあいだに


おほけなく うき世の民におほふかな わがたつ杣に すみぞめの袖(前大僧正慈円)
だいそれて 世の人のため頑張るよ いま叡山で修行始めだ!
(杣=そま:比叡山)


ちはやぶる 神代もきかず竜田川 からくれなゐに水くくるとは(在原業平朝臣)
ミラクルな 神代にもない竜田川 こんな真っ赤に水を染めるか!

逢ふことの たえてしなくは なかなかに 人をも身をも恨みざらまし(中納言朝忠)
セックスが この世になければ 絶対に こんなイライラしないだろうさ!

三十一文字できっちり仕上げてるのがすごいです。
現代語の枕草子といい、橋本治って只者ではないと思うのです。
[PR]
ブラザー工業は1月20日、PCに接続可能な家庭用ミシンおよび刺しゅうデータ作成ソフト、キャラ刺しゅうデータダウンロードサービスなどのソーイング複合ソリューションを発表した。

PCとUSB接続に対応することにより、刺しゅうデータを直接読み込んで縫い込むことができるという。
ワークステーションならぬソーイングステーションといったところだろうか。値段は36万5400円と個人で買うには少々高いが、楽しそうである。

イラストや絵、写真などの素材を色や縫い方を好みで変えながら、利用可能な刺しゅうデータを生成、変換するソフトが付属する。写真データなども、糸を重ねて組み込むような仕組みで刺しゅうデータ化し、油絵のような温かみのある表現の作品を生成することができるという。

ディズニーキャラクターの使用権(232種類の絵柄が内蔵)も取ってるようで、個人ではミッキーやドナルドの絵柄も刺繍できる。我が子の写真を取り込んで使うこともできるので、用途は広い。

商用には当然不可だが、これを使ってパチモノをフリマあたりで販売する輩は出てきそうだ。
お札だけではなく、様々なニセモノに注意しなくてはならない時代だのだなぁ。
a0006144_1121852.jpg

[PR]
by minami18th | 2005-01-22 11:21 | Macintosh