<   2004年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

a0006144_141103.jpg 探偵の宮本は西村と名のる男の訪問を受ける。息子の西村昌史は芸術の才能があるのだが、勉強が全くできない。
東京芸術大学合格のため、センター試験で高得点を取れるようにして欲しい、という依頼である。
宮本はかつて叔父の依頼で、ある受験生に高得点を取らせた実績があった。ハイテク機器を使ったカンニングで。
仕方なく、宮本のかつての親友の娘で東大生の加奈を呼び、最新鋭の機械を駆使してカンニングを実行。しかし成功を目前に警察に逮捕されてしまう。
これは全て、区議である昌史の父親を失職させるための罠だった。宮本は職を失い、加奈は東大を除籍になる。
半年後、雑誌記者になっていた宮本の前に、彼らを騙した張本人の沢田が現われた。違法カジノのオーナーとして暗躍していたのだ。
宮本は昌史と加奈を再び集結させた。あの時の借りを返すのだ。十億円を賭けたポーカーの勝負で。


ポーカーのシーンは電車の中で読んでました。ついつい夢中になってしまい、我に返ると見事に乗り越し(汗
バクチとかカードの勝負とかには縁のない私ですが、十分に楽しめました。
ハイテク機器を使ってのイカサマで勝ちにゆく主人公ですが、そのまま思惑どおりにゆくわけはない。さあ、どんなオチを用意してるのだ?
あざやかな手際でした。いい感じでした。テレビドラマにしたら面白いかも。
「1985年の奇跡」という作品で、初めてこの作家と出会いました。上手いですね。読者を楽しませるツボを心得ているようです。次の作品が楽しみです。
[PR]
by minami18th | 2004-11-28 14:10 | 砂に足跡
声変わり?

リアルタイムで「鉄腕アトム」を見てました。白黒テレビの時代です。
あるとき突然、アトムの声が変わりました。
子どもだったせいか、すぐにわかりました。なんだか違う作品のように感じてしまった覚えがあります。
記憶では、すぐに元の声優さん(清水マリさんだったかな?)に戻ったような気がします。

大人になると、感覚が鈍くなるのでしょうか?
「ちびまる子ちゃん」の友蔵じいさんの声が変わったとき、会社の同僚は大騒ぎしてましたが、私はあまり違和感を持ちませんでした。
「サザエさん」のカツオの声は、しばらく気がつかなかったし。
[PR]
by minami18th | 2004-11-22 18:15 | 砂に足跡
a0006144_014143.jpg岩手県南部にある聖天神社の後継者聖天弓弦(しょうてん・ゆずる)は、下津町神島地区の神嶋神社宮司である安東英俊に頼まれて、百年に一度の大祭を手伝うことになる。
かつて大祭の時に大津波が起きて大惨事になった秘祭だが、その惨事の原因を知るものはわずか数名になっていた。村の人間以外は入れてはいけないという大祭のさなか、東京から人形供養を依頼にきた漫画家のアシスタント山田頼子がやってくる。そして彼女が持参した市松人形に秘められた力が……

作者は平谷美樹(ひらや・よしき)。小松左京賞も受賞してる、SF畑の作家です。この「呪海」はホラーであり伝奇SFでもあります。私はこの手の話が大好きです。

神社(神道)とは怨霊鎮魂のためのシステムなのか。
死者に対峙するための土俗宗教なのだろうか。
実に興味深い。
[PR]
by minami18th | 2004-11-22 00:02 | 砂に足跡
【さい】浦和レッズ初優勝&大宮アルディージャJ1昇格【たま】

レッズ優勝おめでとう。

Jリーグ発足当初は苦しい時代でしたね。かつて名門といわれた三菱の暗い時期でした。
ヴェルディやアントラーズの輝きとは対照的でした。一度はJ2落ちも経験しましたし。

かつてまだ三ツ沢がマリノスとフリューゲルスのホームだった頃に、フリューゲルス対レッズ戦を観に行きました。
スタジアムに入って我が目を疑いました。アウェーなのに、スタンドの4分の3が赤に染まっていたのです。
このチームはいつか栄冠をつかむだろうと感じました。
サポーターの熱と力も十分に感じました。愛されるチームというのは、こういうチームなのですね。

アルディージャも昇格決定。サッカー王国埼玉のみなさん、ほんとうにおめでとう!!!
[PR]
a0006144_0133962.jpg前作「ヒート・アイランド」の続編です。
主人公アキが一人前(?)のギャングになる修業の話です。
なぜか憎めない末端のヤクザや、アキに関わってしまうコンパニオンやら、素敵なキャラクターも登場します。

「ヒート・アイランド」と比べると少々物足りなさはあります。
でも十分楽しめます。ただし前作を読んでないと、面白さは理解できないでしょうね。


犯罪の手口、海外への高飛びのノウハウ、クルマへのこだわり。
「平成の大藪春彦」として、私はこの作家、垣根涼介に更なる期待をしてます。
あの傑作「ワイルド・ソウル」以上の作品が上梓される日が楽しみでなりません。
[PR]
by minami18th | 2004-11-21 00:13 | 砂に足跡
Mac関係の掲示板で、こんなの拾いました。
キャックルメール

客(キャク)来る(クル)メールのことだそうです。
このサービスを提供してるのはNTTドコモ東海。
(愛知県・静岡県・岐阜県・三重県に限定)

インターネットを使ってメールを会員へ一括配信することができ、また、配信したメールの開封状況が一目で確認できるシステムです。

外回りの営業担当、飲食店、美容院などの店長、学習塾の経営者、セミナー、サークル等の主催者におすすめだとか。

「ふーん」としか思えません。
料金は税込み月額4725円。(高いっっっ!!)

こんなのメールソフト使って、自分でできそうに思えます。
このサービスは、そういうふうに考えられない人や、スキルの無い人がターゲットなのでしょうね。

それにしても月額4725円は暴利をむさぼってるように感じてしまいます。
費用対効果も疑問です。
私は営業や宣伝のメールのほとんどを、未読で捨ててしまいます。
他の人は、そんなメールにも目を通して「この店に行ってみよう!」なんて考えるのでしょうか?
ううむ、おぢさんには疑問しか残りません(^_^;
[PR]
by minami18th | 2004-11-19 13:41 | Macintosh
iTunesMusicStore JAPAN は来春!!
米アップル、日本で音楽配信・来春メドに10万曲

>米アップルコンピュータは来年3月をメドに日本で、インターネット 音楽配信サービスを開始する。
>邦楽を中心に国内最大級となる10万曲以上をそろえる考えで、日本のレコード各社と交渉に入る。
>アップルは同サービスで世界最大手。自社の携帯型音楽プレーヤー 「iPod(アイポッド)」への配信も
>可能になり、 日本でのiPodの拡販に結びつくとみている。
>アップルの参入で、日本でも音楽配信サービスが本格的な普及期を迎えそうだ。

>アップルが始めるサービスの名称は「iチューンズ・ミュージックストア」。
>ネット経由で楽曲をパソコンに取り込み、iPodに転送して聴くことができる。
>iPodには最大約1万5000曲が保存可能。

アップルがらみで「国内最大級」なんて言葉は、なじみませんねぇ。
少数民族としては違和感を持ってしまうのです。

問題は1曲あたりの価格ですね。100円から150円あたりで落ち着いてくれると良いのですが。
[PR]
by minami18th | 2004-11-18 13:27 | Macintosh
a0006144_2350393.jpg【第14回鮎川哲也賞受賞作】
昭和21年3月17日。乙文明は九州大分の沖合に浮かぶ満月島を目指して船中にあった。
明日は若き網元の当主たる友人、神坂将吾の祝言なのだ。相手は寺の住職三科光善の養女優子。
祝言は午後7時に始まり、午前1時から山頂に建つ寺で浄めの儀式があるという。
翌早朝、神坂家に急を告げる和尚。駆けつけた乙文が境内の祈祷所で見たものは、惨たらしく朱に染まった花嫁花婿の姿であった……。
この事件に挑むのは、大分県警察部の兵堂善次郎警部補、そして名探偵藤枝孝之助。
藤枝が指摘する驚愕のからくりとは? 





鮎川賞史上最年少、20歳の神津慶次朗(かみづ・けいじろう)の作品。
横溝正史の岡山ものの雰囲気です。綾辻の館もののテイストもほんのり。
京極の匂いもします。執筆時点では作者は十代だったのですね。(すげぇ)

真相を看破する探偵役の出方が不自然な気がしないでもないです。でも十分に楽しめます。
殺害に関するトリックは秀逸です。そのシーンが鮮やかに目に浮かぶほどです。
最後の一章は不要だと思います。推理の補強のための追加だとしたら、もっと上手なやり方があったように思えます。

作者の「神津」という名前は本名なのでしょうか?
ペンネームだとしたら、偉大なる「神津」の名は使わないでほしいのですが。
せめて「松下」で。
[PR]
by minami18th | 2004-11-15 00:17 | 砂に足跡
さきほどトップのページを見たら、開設数が10万を越えてました。
今年の2月に私が開設したときは、3千番台でした。
すごい増え方をするものですね。

開設して放置のブログって、どのくらいあるのでしょう?
わかったからどうってこともないのですが、少々気になります。

ライブドアとか盛況のようですが、私はここの雰囲気の方が好きです。
なんともいえない、まったり感みたいのがいいですね。
居心地良いのが一番です。
[PR]
来季からJ1に昇格する川崎Fがロングスロー約55メートルを誇る
仙台育英FW大久保将人(18)を獲得したことが7日、分かった。
驚異のスローインは山なりではなく、ライナー。
187センチの大久保が「自分で蹴るよりも正確で速いボールが行く」と胸を張る武器だ。
得点には記録されないが、タッチラインから直接ゴールに入ることもあった。
今年9月の仙台杯国際ユース大会では対戦したブラジル代表監督が
「あんなの見たことがない」と目を丸くした。川崎Fは仙台杯で初めて視察し
「強肩は身体能力が高いということ。2、3年をかけて育てたい」(クラブ関係者)と
獲得を決めた。
入団後は本来のポジションのDFとして育成する方針だ。
大久保は7日の宮城県大会決勝戦で優勝に尽力し、全国大会出場も決定。
J入団と2つの目標を達成した。
商売道具なだけに練習後はアイシングもするというユニークな強肩高校生がJに挑む。

http://www.nikkansports.com/ns/soccer/p-sc-tp0-041108-0017.html


少林サッカーにでも登場しそうな選手ですな、こりゃ。
このロングスロー見たさに観客を呼べそうです。
55mだと逆サイドにスローインを入れて折り返すなんてプレーができますね。
オフサイドポジションにいる選手を狙ってスローインも可能です。
それがライナーでできるのだから凄い。
Jリーグ版「レーザービーム」と呼ばれるかもしれません。

何か突出した技能を持つ選手というのは、ドキドキしてしまいます。
[PR]