<   2004年 03月 ( 28 )   > この月の画像一覧

今週のヤンマガ
一週間、いいじゃないですか。
「アトム」や「鉄人」をリアルタイムで読んでた私なんか、一ヶ月待たないと続きが読めなかったのですから。
月刊誌全盛の頃は、作り手にも読み手にも余裕のあった良き時代なのかもしれません。
「ぼくら」「冒険王」「少年画報」「少年」など。

でも、じきに月刊誌の時代から週刊誌の時代に変わってゆきます。
サンデーやマガジンは40~50円くらいだったでしょうか。
(後発の「少年キング」の創刊号が30円だったのは、はっきり覚えています)
次々と休刊になる月刊誌。最後に残った「少年」も休刊。
子ども心に、すごくさびしかったのを覚えています。

週刊誌へと多くの漫画家たちは移ってゆきました。でも一部を除いて週刊誌のスピードについてゆけず、多くの書き手が消えていったように思います。

この年になってもマンガは読みつづけています。本当に気に入ったものしか買いませんがね。
週刊誌をコンビニで立ち読みできるのはありがたいです。

時折、むしょうに昔の作品が読みたくなります。
「電光オズマ」「発明ソン太」「ストップ!にいちゃん」など。
探せばあるのでしょうが、初恋の女の子に会いに行くような気恥ずかしさがあり、探さないほうが良いような気もするのです。
[PR]
by minami18th | 2004-03-30 09:36 | 砂に足跡
日曜日にdocomoからauにswitchしました。
A5503SA(Sanyo)の青にしました。FMラジオ付きです。
CMで元カレからの電話を切ってしまう、松下由樹さんが持ってるやつ
と思われます。薄いのがいいですね。着うたとかナビはお金がかかり
そうなので、まだ手を出してません。

バックアップ用に「携帯Sync Plus」を購入。MacとiSync使って同期できる
ようなのですが、まだよく理解できてない私です。
[PR]
by minami18th | 2004-03-30 02:11 | Macintosh
自己紹介の耐え切れない軽さ
私も自己紹介って苦手ですね。
まして趣味なんて自己満足の領域だと思うんで、語りにくいですよね。

「趣味は読書です」
人によっては、暗いヤツと思うでしょうね。私はミステリ中心の読書なんで、余計にそう
思われそうです。昔は今ほどミステリの市民権が無かったので、殺人や誘拐が趣味の
人間に見られたことがあります。

「趣味は音楽です」
アマチュアバンドでライブとかもやってるので、大きな顔して言えます。
ただ担当がベースなので、暗いヤツと思われがちです。

「趣味はパソコンです」
あえて「パソコン」と言ってます。「Macです」と言うと、確実にヲタに見られます。
でも車の後ろにはリンゴマーク貼ってます。ささやかな自己主張です。マイノリティの
誇りをこめて。
[PR]
今月末にdocomoからauへのswitchを検討しております。
電話帳等の移動が面倒ですが、目的は費用の節減です。
なにか参考になることがあれば、教えてください。
電話とメールができれば特別な機能は必要としておりません。
[PR]
by minami18th | 2004-03-25 17:31 | Macintosh
なんだか昔の映画のようなタイトルになってしまいました。
若山富三郎や田宮二郎が顔をだしそうです。

こんなものが販売されているのですから坊主の業界も楽なものですね。
探せば戒名をつけるサイトなんてのもありそうな気がします。
もしかしたら「戒名のつけ方」なんてマニュアル本くらいはあったりして。

自分が死んだ後は、妻や子供が元気で暮らしてくれるのが一番だと思ってます。
友達には飲み会で「あんなやつがいたなぁ」なんて言ってもらえればいいです。
[PR]
自分が生きているということ。
妻にも親にも言ってあります。俺が死んでも戒名をつけるなと。
葬式は俗名でやれ、と。

こんな気に入った名前があるのに、死んだらさっさと名前を変えられてしまうなんて嫌です。
死んだ後に変えられた名前で呼ばれたって、「え?俺のこと?」なんてなるに決まってます。
いい大人に対して勝手な名前つけて高い金をふんだくるなんて、坊主ってのはとんでもない商売だと思いますね。

妻に言いました。「戒名が必要だったら自分でつけるから、5万円くれ。」
5万円あればMacのメモリとiPodが買えますから。
即刻却下されたのは言うまでもありません。保険金の受取人のくせに、
冷たいやつです。
[PR]
日ごろ通ってるMac関係の掲示板にこんなのありました。
CDドライブから変なものが
笑い事ではないのですが、笑えてしまって・・・

もし自分のMacがこうなったら

「おぬし、何者だ?」と問いかけてみたくなります。
答えるわけはないのですが。

まずは指先でつついてみたくなります。
ビリビリきたらやだなと考えながら。

引っ張ってみたくなります。
期待と不安が交錯。

さすがになめてみる勇気はありません。
こういうものに欲情する性癖は無いのです。

金曜の深夜に筐体をはずし、この物体の本来の居場所を捜索。
おさまるべき場所がみつからず、掲示板に書き込む。

たぶんこんなふうになると思います。
投稿者も同じような流れで書いたのではないでしょうか。
[PR]
by minami18th | 2004-03-22 13:24 | Macintosh
日本に裁判員制度が導入される日が近いと報道されてます。
米英の陪審員制度をとの比較が報道の中で説明されますが、マスコミも陪審員制度
を正しく理解してないように思います。有罪を主張する検察側と、無罪を主張する弁
護側のやりとりを見て、陪審員が評決を下すものだと認識してるようです。

スコット・トゥローの小説「推定無罪」にはこんなシーンがあります。
陪審員選出の過程で、裁判官は陪審員候補に質問します。
「あなたは被告が有罪だと思いますか?」
「いえ、無罪だと思います」
もし「有罪だと思います」と答えたら、即座に陪審員義務の免除を言い渡されます。
これが「推定無罪」の大原則です。

映画「十二人の怒れる男」の中でヘンリー・フォンダ演じる建築屋が「有罪の立証責任
は検察側のみにある」と発言するくだりがあります。つまり、被告を無罪だと推定してい
る陪審員たちに対して、有罪の立証を検察側が行う。その立証に疑義が生じた場合
には無罪、無い場合には有罪と陪審員が評決を下すわけですね。

自分が裁判員に選出されたらどうするかなあ。真に正しい判断ができるのか?
日本人にはなじまない制度に思えてなりません。
[PR]
a0006144_184233.jpg1995年、兵庫県西宮。あの阪神大震災の朝に出会った男と女。ヒロインは美冬。
男は雅也。謎に包まれた美冬の過去を追う刑事。彼女の正体は?

一気に読んでしまいました。今年のランキング上位にまちがいなく入るでしょう。
この作品を読んだ人は、まちがいなく本棚の「あの作品」を読み返すはずです。
(すでに処分してたら書店に走り、文庫を探すことでしょう)
けして後味の良い作品ではないですが、一気に読ませます。
さすがに東野です。
[PR]
by minami18th | 2004-03-17 22:25 | 砂に足跡
>米航空宇宙局(NASA)は15日、冥王星の外側の軌道を公転周期1万500年で
>周回する太陽系で最も遠い惑星状の天体をカリフォルニア工科大などの研究チー
>ムが発見したと発表した。直径は冥王星の約4分の3と推定され、NASAは「1930
>年に冥王星が発見されて以来、最大規模の天体」と指摘している。

>新天体はイヌイット(エスキモー)の言葉で北極海の生物創造の神を意味する
>「セドナ」と名付けられた。太陽の熱が届かない極寒の天体とみられるためだ。
>研究チームを率いる同工科大のマイク・ブラウン准教授(惑星天文学)によると、
>セドナは昨年11月14日にパロマー山天文台(カリフォルニア州)の望遠鏡で初
>めてとらえられ、NASAのスピッツァー宇宙望遠鏡などで太陽系内の天体と確認
>された。


「セドナ」ですか。漢字ではどういう名前がつくのでしょうか?
冥王星とか海王星みたいな名前なのでしょうか?

カタカナの名前でも「セドナ」では少々盛り上がりに欠けます。
私が命名するなら

   「イスカンダル」。絶対これだな。

「ガミラス」でもいいが、侵略に来られると迷惑なので却下。
日本で有人宇宙飛行計画やるなら「ヤマト計画」というネーミングにしてくれ。
[PR]
by minami18th | 2004-03-17 13:42 | Macintosh