カテゴリ:想い果てなく( 576 )

セビージャvsバルセロナの試合に掲げられた横断幕だそうです。
ウワァァ━━━━━。゚(゚´Д`゚)゚。━━━━━ン!!!!
a0006144_16272731.jpg

[PR]
ここの開設は2004年2月26日でした。
ようやく満7年を迎えることができました。
祝電とか届くわけがないので自分で祝います。

おめでとうございます!

「無理せずぼちぼち」を基本精神にしたのが良かったのかな。
ブログやってる人が増えたのには驚きです。
当初はこのエキブロにも開設順の通し番号がありました。
私のはたしか3000番台だったと思います。
控えておけばよかったなーw

これからも「無理せずぼちぼち」と続けてゆく所存です。
ではでは。
[PR]
1位 カザフスタン 金32 銀21 銅17 合計70
2位 日本     金13 銀24 銅17 合計54
3位 韓国     金13 銀12 銅13 合計38
4位 中国     金11 銀10 銅14 合計35
5位 モンゴル   金0  銀1  銅4  合計5
6位 イラン    金0  銀1  銅2  合計3
7位 キルギスタン 金0  銀0  銅1  合計1

次の冬季アジア大会は2017年に札幌・帯広で開催。

冬季オリンピックを誘致したい所はたくさんあるけど、冬季アジア大会は持ち出し
が多い割には政治的・経済的効果が少ないので、次回の立候補地がなかった。

そこで開催を6年後と少し間の時間を長めにとって、アジアオリンピック委員会の
ほうから札幌に次(17年)をお願いした。
[PR]
GK
川島(リールセ・ベルギー)

DF
内田(シャルケ04・ドイツ)
槙野(ケルン・ドイツ)
吉田(VVVフェンロ・オランダ)
長友(チェゼーナ・イタリア)

MF
長谷部(ヴォルフスブルク・ドイツ)
阿部(レスターシティ・イングランド)
岡崎(シュツットガルト・ドイツ)
本田(CSKAモスクワ・ロシア)
香川(ドルトムント・ドイツ)

FW
森本(カターニャ・イタリア)


奥寺がドイツで活躍したのが約30年前
三浦カズがブラジルで活躍したのが20年前
中田ヒデがイタリアで活躍したのが10年前
中村シュンスケがスコットランドで活躍したのが5年前

すげー時代になったものだ。
今や簡単に全員海外組でスタメンが組めるのだから。
[PR]
 アジアカップ決勝
 日本 1-0 オーストラリア

久々に午前3時までテレビの前にいました。

絵に描いたようなボレーシュートでした。
岩政が入るまでは、ヒヤヒヤの連続。
あの交代でチームがやっと機能。

それにしても長友ってやつはすごい。
あの左サイドがいなかったらどうなったか。

問題山積みの日本に明るいニュースでした。
[PR]
a0006144_130638.jpg

ナイキ(Nike)と位置情報・ナビゲーションソリューションの世界的大手プロバイダーであるトムトムが提携し、「Nike+ SportWatch GPS」を発表した。

Nike+ SportWatch GPSは、シンプルかつ直感的に操作できるユーザーインターフェースを備え、ランニング中のユーザーに必要な情報を提供。ランニング中に位置情報をとらえながら、ランナーに時間、距離、ペース、消費カロリーを読みやすく、レイアウトをカスタマイズ可能なスクリーンで表示してくれる。 ランニングを通じて、GPS受信機が靴に取り付けたNike+ センサーと連動し、非常に正確な速度と距離のデータを提供する。

また、可聴サウンド、チャレンジ、ランリマインダーなど、パーソナライゼーション機能とモチベーション機能をランニング体験に加えたのも特徴だ。


SportKit2買おうかなんて考えてたが、こっちのほうがよさそう。
問題は価格だが。とりあえず発売を待つことにする。
[PR]
あけましておめでとうございます。
a0006144_1583475.jpg

a0006144_1585414.jpg

[PR]
2009(1時間52分45秒) 17.4km
第1走 8.2km 37:15
第2走 4.7km 23:45
第3走 4.7km 28:45
第4走 4.5km 23:00

2010(1時間52分47秒) 17.5km
第1走 8.2km 37:11 (-0:04)
第2走 4.7km 23:28 (-0:17)
第3走 4.7km 28:13 (-0:32)
第4走 4.6km 23:55 (+0:55)
[PR]
さくらちゃん、お店のチラシに掲載してもらいました。
a0006144_2246555.jpg

[PR]
日本が招致を目指した2022年のサッカーワールドカップの開催地を決めるFIFA=国際サッカー連盟の理事たちの投票で、日本は2回目の投票で落選しました。22人の理事たちによる投票は、一般には非公開で無記名で行われ、いずれかの候補地が過半数を取るまで、最下位の候補地を除外しながら票を投じる仕組みで行われました。

1回目:カタール11票、韓国4票、日本とアメリカ3票、オーストラリア1票で(オーストラリア落選)
2回目:カタール10票、アメリカと韓国が5票、日本2票(日本落選)
3回目:カタール11票、アメリカ6票、韓国5票(韓国落選)
4回目:カタール14票、アメリカ8票

カタールが過半数を獲得して初のワールドカップ開催を勝ち取りました。
[PR]