カテゴリ:三流読者の走り書き( 137 )

7/17に観た映画のことを書き忘れてた。

木漏れ日の家で
ポーランド映画。
その国の歴史背景をよくは知らない。
知らなくても感動できる素晴らしい映画。
大仕掛けのハリウッド映画の対極にあるような作品。
最後は一編の小説を読み終えたような気持ち。
いいよ、これ。
[PR]
最終日の前日、やっと見に行けました。
いやー、見逃さないでよかった。
列車の爆発シーンの迫力は劇場でなけりゃ味わえなかったです。

ETで未知との遭遇でグーニーズでエイリアンな映画ですね。

批判する面々も多いだろうが、私は好きな作品でした。
エンドロールが始まったらすぐに帰った人がいたけど、
この作品についてはあれを見なけりゃいけないよなー。

「I am Sam」のダコタ・ファニングの妹のエル・ファニングが良かった。
細かいとこは抜きにして、十分楽しませていただきました。
a0006144_16224419.jpg
[PR]
短編集「チヨ子」である。
「雪子」
「オモチャ」
「チヨ子」
「石枕」
「聖痕」
以上の5編を収録。

特に感動したのは表題作「チヨ子」。
まさに宮部の上手さ炸裂。
俺もこんな小説が書けたらなぁ。
無理だよなぁ。

これで500円で発売した光文社に感謝。
帯にあった朗読CD、申し込もうっと。

a0006144_1435427.jpg
[PR]
「ファン800人が羽田で歓迎」のチャン・グンソク 実際は「謝礼2,000円」の応募者が100人......

27日、韓国ドラマで人気の"韓流スター"チャン・グンソクが来日。早朝6時ごろから100名ほどの女性ファンが羽田空港に集まっていた。

 一見して、熱狂的なファンが来日に合わせて駆けつけたというテレビでよく見る光景。しかし、現地で実際に見てみるとどこか不自然だ。

 はたから見て気付くのは集まったファンが、ガイドのような人間の指示によって集団で誘導されていること。一部は確かに熱狂的ファンに見えるが、他は楽しそうにはしているものの、熱狂的な雰囲気はない。一様にスターのグッズを手にしているのだが、各々がそれを眺めていたりして、自主的に持ってきたというより、誰かに手渡されたかのような印象を受ける。
 集まった報道陣は、現れたチャンに熱狂するファンを背景に撮影をしていたが、前に乗り出すほどでもない女性ファンもいる。そのひとりに話を聞くと、なんと「アルバイトも兼ねて遊びに来た」というのだ。

 都内在住の40代主婦、彼女は一枚の紙を見せてくれたのだが、そこには「韓流スター来日イベント参加者募集!」とあった。

 東京駅に集合し、バスで羽田空港へ移動。イベント後、軽食をとった後に再び東京駅で解散というようなことが書いてあり、「参加資格 高校生~49歳女性のみ 複数参加歓迎 謝礼2,000円」とある。差出人はイベント企画会社のようだ。

「前に他の韓流スターの出るテレビ番組の観覧をしたんだけど、その時に住所と名前を書いてから、こういうのが定期的に封筒で届くようになったの。参加したのはこれが初めてだけど......」と主婦。

 チャン・グンソクのファンではないが「韓国の有名人が見られて軽食付きで2,000円もらえるなら楽しいでしょ」と、友人を誘って2名で参加。彼女が持っていた紙の募集人数は「先着40名」だが、バス2台で「1台40人ぐらい乗れたから計80人ぐらいかしら」と主婦。バスの中でタレントについての説明を受け、持っていたグッズもここで"お土産"として受け取ったという。

「『韓国の人気スターがせっかく日本に来るから声を出して応援してあげてください!』と言われた」(主婦)

 これは、動員力に自信がないための演出なのだろうか。すぐ先では民放テレビ局と思われる若い女性アナウンサーが「800人のファンが集まり......」とリポートしていた。

 群がった女性ファンはどう数えても100人ほどで、首を傾げていると、報道陣に「主催者発表800人です」と言い回っている男性スタッフを発見。何とも妙な光景だったのだ。
(文=鈴木雅久)

a0006144_17593293.jpg

実際に集まった女性が手にしていたチラシ。
「謝礼2,000円(軽食つき)」と書かれている。
[PR]
保存しましたwww
a0006144_10124439.jpg

[PR]
バカが権力を持つと、それを振り回したがる。
ゴミは早目に処分しないと、社会の迷惑になる。

★松本復興相の発言は的外れ、そもそも村井知事は遅れていなかった

松本龍震災復興担当相が3日午後に村井嘉浩宮城県知事と宮城県庁で会談した際、応接室に後から入ってきた知事を叱咤し、「お客さんが来るときには、自分から入ってからお客さんを呼べ」と発言したことに関して、関係者の間に戸惑いが広がっている。そもそも知事は予定に遅れておらず、通常の応対をしたに過ぎないからだ。

村井知事と松本復興相の会談が設定されていたのは3日の午後2時15分。宮城県庁秘書室によると「会談時間の数分前に松本復興相を応接室にご案内し、お茶を出したり、報道陣のテレビカメラの設置が完了したのを待って、時間通りに知事が入室した」。つまり、入室が遅れた事実はないという。

応接室と知事室は、同じフロアの隣り合わせの場所にある。村井知事は、松本復興相との会談スケジュールに合わせて、秘書が呼びに来るのを執務室で待っていた。県庁で知事の来客がある際には、「誰であっても知事よりも先に応接室へ入室してもらうのが一般的」(秘書課)という。来客が資料を整理しているときなどに知事がその場にいたら、逆に失礼に当たるという配慮もある。
会談を設定した秘書課では、「民間も同じ対応をしているはずだし、世間一般に考えておかしくない」と、松本復興相の発言に戸惑いを見せる。
 
また松本復興相は知事に対して「長幼の序が分かっている自衛隊ならそんなことやるぞ」と発言し、後から入室した知事を責めている。松本氏は、自衛官出身の村井氏を戒める意味で発言したのかもしれないが、防衛省によるとそれも正しくないという。

「確かに階級のある部内では長幼の序という考えがあるかも知れない。ただ、部外の人と会談するときには当てはまらない。そもそもどうやって上下関係を付けるのか判断できない」(防衛省広報)。

さらに松本復興相は4日、首相官邸で記者団の質問に答え、「呼ばれて入ったら(村井氏が)3、4分出てこなかった。だから怒った。九州の人間は、お客さん来るとき、本人はいるものです」と述べるなど正当性を主張したと報道されているが、これも誤解を招く発言だ。

松本氏の地元である福岡県庁によると、「庁舎に大臣がお見えになったら、すぐに会場にお通しし、その後、すみやかに知事に入室してもらう。先に知事が応接室で待つことはないし、本人が来客をお出迎えすることも通常はしません」(秘書課)。

複数の地方自治体によると、知事と大臣の会談場所がホテルなど外部の場合には知事が先に到着して出迎えるが、庁舎で行われるときには、応接室に先に大臣に入室してもらうのが普通だという。

村井知事は4日の会見で「国と地方自治体は主従関係ではない」などと述べ、松本復興大臣の発言に対して不快感を示した。

松本復興相が3日の岩手、宮城両県の知事との会談で発言した「知恵を出さないやつは助けない」「九州の人間だから(被災地の)何市がどこの県とか分からん」などの発言は野党が追及する構えでいるほか、民主党幹部からも辞任すべきだとの声が出ている。

【東日本大震災による宮城県の被害状況(7/4現在)】
 死者:9,200名
 行方不明者:4,617名
 家屋全壊:66,245棟
 避難者数:15,405名
[PR]
<東日本大震災>松本復興相「助けない」発言 被災地激怒

「家を失った被災者の気持ちも知らないで」「大臣とは、そんなに偉いのか」。宮城、岩手両県知事に対する松本龍復興担当相の態度や発言を巡り、両県内では4日、一斉に反発する声が上がった。両県庁にも苦情電話やメールが殺到し、松本氏は復興担当相就任後初の両県訪問で、いきなり被災者の感情を逆なでした形だ。

【東日本大震災による宮城県の被害状況(7/4現在)】
 死者:9,200名
 行方不明者:4,617名
 家屋全壊:66,245棟
 避難者数:15,405名



 ■宮 城 

 県によると、4日朝から松本氏の発言への苦情が殺到し、午後4時までに県庁への電話は175件、メールは57件に上った。

 3日に県庁を訪れた松本氏は面会時間の午後2時15分前、4階の応接室に案内された。村井嘉浩知事がいないことに不満そうな態度を示し「(自分なら)立ってお迎えするよ」と同行した職員にささやいた。数分後、村井知事が「どうも」と笑顔で入室し握手を求めようとすると、松本氏は不機嫌な表情を浮かべ「握手は終わってから」と拒否。自衛隊出身の知事に「お客さんが入ってくる時は、自分が入ってからお客さんを呼べ。自衛隊ならそんなことやるぞ」と言った。

 会談での松本氏の発言に、石巻市内の仮設住宅に次男と入居する無職女性(58)は「家を失った被災者の気持ちも知らないで、ばかにされたような気持ちだ。何様のつもりなのか」。6月中旬に営業を再開した同市のそば店「もりや」経営、森俊男さん(74)は「みんな一生懸命やっているのに乱暴な言い方だ。大臣とは、そんなに偉いのか」と話した。

 松本氏の後から応接室に入ったことに村井知事は4日の会見で定時に入室したと強調。「今後は松本大臣が来るときは松本大臣バージョンの対応にする」と述べた。

 ■岩 手 

 宮城の前に岩手入りした松本氏は3日午前11時ごろ、岩手県庁の玄関前に姿を見せた。衛藤征士郎衆院副議長からもらったという「がんばれ東日本」と書かれたサッカーボールを持参し、達増拓也知事に向けて蹴ったり投げたりしたが、知事は2度とも取り損ねた。

 会談では仮設住宅の話をしていた知事の話を遮り「いや、本当はね、仮設住宅はあなたたち(県)の仕事だから」などと言ったり、「おれなんか、ちゃんとアイデア持ってるだろう」などと自慢げに語る場面もあった。

 仮設住宅の抽選に当たらず、避難所暮らしを続ける陸前高田市の吉田信夫さん(71)は4日、「励ましてくれるならいいが、高いところから見下ろすような格好だと反感もらうな」と話した。県庁には同日午後5時までに「宮城県とともに抗議すべきだ」といった電話など18件が寄せられたという。…

ただ松本氏が「弟みたいなもの」という宮古市の山本正徳市長は会見で「頑張れ、頑張れということだろう。あまり言葉にとらわれずに(受け止めたほうがいい)。気にしていない」と理解を示した。
[PR]
ジウⅠ 警視庁特殊犯捜査係【SIT】
ジウⅡ 警視庁特殊急襲部隊【SAT】
ジウⅢ 新世界秩序【NWO】
から成る三部作。

少々グロいのに困ったが、どんな着地で終わるのかを確認したくて最後まで読んだ。
ダブルヒロインに共感は持てなかったが、楽しんで読めた。
ジウの目的になんだか感動。ミヤジの出自には呆然。

テレビドラマになるそうだが、原作どおりなんてのは不可能だ。
別物として楽しむのがいいんだろうな。

a0006144_1123826.jpga0006144_11232077.jpga0006144_11233690.jpg
[PR]
○○先生へ 

先生 お元気でいらっしゃいますでしょうか?
おかしな書き出しでございますこと、深くお詫び申し上げます。

実は感染症から一命を取り留めたあと、どうしても先生の名が思い出せず
先生方に確かめたところ、仁友堂にはそのような先生などおいでにならず、
ここはわたくし達がおこした治療所だと言われました。

何かがおかしい。そう思いながらも、わたくしもまた次第にそのように思うように
なりました。夢でも見ていたのであろうと・・・

なれどある日のこと、見たこともない奇妙な銅の丸い板を見つけたので
ございます。その板を見ているうちに、わたくしはおぼろげに思い出しました。
ここには先生と呼ばれたお方がいたことを。

そのお方は揚げだし豆腐がお好きであったこと。涙もろいお方であったこと。
神のごとき手を持ち、なれど決して神などではなく、迷い傷つき、お心を砕かれ
ひたすら懸命に治療に当たられる仁をお持ちの人であったこと。

わたくしはそのお方に、この世で一番美しい夕日をいただきましたことを 
思い出しました。もう名もお顔も思い出せぬそのお方に、恋をしておりました
ことを・・・ 
なれどきっとこのままで、 わたくしはいつか全てを忘れてしまう。

この涙のわけまでも失ってしまう。なぜか耳に残っている修正力という言葉。
わたくしはこの思い出を無きものとされてしまう気がいたしました。

ならば、 と筆をとった次第にございます。
わたくしがこの出来事に抗う術はひとつ。 この思いを記すことでございます。
○○先生、改めてここに書き留めさせていただきます。

橘咲は、先生をお慕い申しておりました。 
                                           橘咲
[PR]
会計検査院第六局に所属する副長の松平、部下の鳥居と旭ゲーンズブールの3人が、大阪府庁や公益法人・特殊行政法人の会計検査を実施するために大阪を訪れる。アイスクリーム好きだが検査の厳格さで知られる上司の松平、怪しい経理書類を独特の嗅覚で見極める特技を持つ鳥居、内閣法制局出身のエリートで容姿端麗なハーフの美女の旭ゲーンズブールといった個性豊かな3人が、大阪で会計検査を行ううちに、社団法人OJOの使途不明な補助金5億円へと辿り付く。

荒唐無稽な設定だが、言わんとする背景はよくわかる。
登場人物のキャラクターもよくできている。
楽しんで最後まで読めたのは作者の力だ。

しかし自分には合わないと感じたのは事実。
この本を他人に薦めることはないだろう。
駄作などというつもりはない。傑作の部類に入ると言って良い。
ただ、多くの人が面白いと思っても、私がそう思えなかっただけのこと。
本は食べ物と同じ。好みに合わない味はあるのだ。
a0006144_1056221.jpg
[PR]