第142回芥川・直木賞

<直木賞>佐々木譲さんと白石一文さん 芥川賞は該当作なし
第142回芥川・直木賞(日本文学振興会主催)の選考委員会が14日、東京・築地の「新喜楽」で開かれ、直木賞が佐々木譲さん(59)の「廃墟(はいきょ)に乞(こ)う」(文芸春秋)、白石一文さん(51)の「ほかならぬ人へ」(祥伝社)に決まった。芥川賞は該当作がなかった。

佐々木譲の作品のほうが好みのタイプ。白石一文のはちょっと馴染めない。
あくまで個人的嗜好ということですが。

佐々木譲はデビュー作の「鉄騎兵、跳んだ」に感動。
「ベルリン飛行指令」は面白かった。「制服捜査」も「警官の血」も良かった。
「夜にその名を呼べば」は挫折して積み残しのままだ。
ともあれ受賞おめでとうございます。
[PR]