関門海峡の船舶衝突事故の覚書

航行は右側通行で一列縦隊が原則。、ここは常に10ノットの潮流がある。


CARINA STAR
対向船が来ていることを知りながら、無理な追い越し開始。
官制から 『先行船を左から追い越せ』 と指示されたと弁解。
衝突回避は右舵を切るべきところ、左舵をきった馬鹿。
全長127mの船体で、くらまの行く手を塞いだCARINA STAR。

くらま
国際法規に従い衝突回避のため、右舵を切ったくらま。
直進していたらCARINA STARの船体中央へ直角衝突、大惨事。
違法覚悟で舵を左に切っていたら「別の船舶」に衝突。

a0006144_16354532.jpg

Q.なんで護衛艦はあんな脆いの?

A.現代の艦艇には装甲は"ほぼ"ありません。
一部にケプラーなどによる装甲はありますが、小銃弾程度しか防げません。
現代の艦艇は飛来する誘導弾をチャフ/フレアやCIWSで逸らしたり落としたりする事が前提で、
より早く動ける事の方が大事なので、重たい装甲はかえって邪魔なのです。

Q.なんでペンキなんて積んでるの?なんで船首にあったの?

ペンキによる防錆、また見た目を良く保つ塗粧(←自衛隊用語です)を行うために常時搭載しています。
ペンキと一緒にシンナー(吸うためじゃないよ?)なども積みます。
これは米海軍や英海軍など、ほぼ全ての国の海軍と同じです。
また、船首下部は倉庫があり、そこに保管するのは別に普通な事らしいです。

Q.日本の戦艦弱くね?w

A.日本は戦艦を保有していません。
全て護衛艦で、海外で言うところの駆逐艦やフリゲート艦程度のものです。
また、想定している相手は足の長い対艦ミサイルを搭載した軍艦や潜水艦なので、衝突する事や
昔あった海賊との白兵戦みたいな海戦は想定外です。

ちなみに"あたご"事案以来護衛艦の艦橋には監視カメラが設置され、見張りの状況などを記録していると聞きます。
[PR]