「玻璃の天」 (北村 薫)

「玻璃の天」 (北村 薫)
昭和初期の帝都を舞台に、令嬢と女性運転手が不思議に挑むベッキーさんシリーズ第二弾。
犬猿の仲の両家手打ちの場で起きた絵画消失の謎を解く「幻の橋」、手紙の暗号を手がかりに、
失踪した友人を探す「想夫恋」、ステンドグラスの天窓から墜落した思想家の死の真相を探る
「玻璃の天」の三篇を収録。

a0006144_10334452.jpg

「想夫恋」がこの中では一番好きな作品。
「幻の橋」に登場した「漢書・刑法志」の一節。
やたらと心に残った。

「よく敗れる者は亡びず」
次に続く「鷺と雪」への伏線となるのだろうか。
[PR]