これは奇跡だ。日本らしくないw

5分3発大逆転
岡田ジャパンがW杯4強への一筋の光明を見いだした。日本代表は9日、オランダ・ユトレヒトでガーナ代表と対戦し、MF稲本潤一(29)のゴールなどで4―3で勝った。岡田武史監督(53)は惨敗したオランダ戦の4―2―3―1から4―4―2にシステムを変更し、チームが機能。一時は2点のリードを許したが、わずか5分で3点を奪い鮮やかに逆転した。9カ月後のW杯本大会に向けて大きな収穫を得た。

ドラマのように鮮やかな逆転劇。
とても日本代表とは思えなかった。

1点目と2点目の失点はまことにお粗末。
勝ったとはいえ課題は山積。

欧州ではポルトガルが出場を逃すかもという報道。
南米ではアルゼンチンも危機に瀕している。
日本も心配だが、こちらも大いに気になるところだ。

本日2アシストの長友を称え、有名なあのコピペを掲載する。

中学、高校とトレセン、国体に選ばれることがなく
もちろんプロや大学にスカウトされることもなく
サッカー推薦ではなく指定校推薦で明治大学に入学し
プロになるなど考えてはいなく、普通に就職しようと考えた矢先に
選抜、五輪代表に選ばれ遂にはA代表デビューまで果たした
高校、大学と筋力トレーニングに費やし、
カップラーメンなどは一度も食べたことがないまま
人間がギリギリ生きていける数字の体脂肪率3.5%を誇り
代表デビュー戦では招待をした祖父母が泣き崩れたという
今では離婚した両親の代わりに自分が家族の面倒を見るつもりでいる

そんなどこにでもいる男。それが長友佑都

[PR]