W杯予選、アルゼンチンが大敗 ボリビアに5点差

W杯予選、アルゼンチンが大敗 ボリビアに5点差、93年以来

 【ラパス(ボリビア)1日AP=共同】サッカーの10年ワールドカップ(W杯)南米予選は1日、各地で行われ、アルゼンチンが敵地でボリビアに1-6で大敗する波乱があった。標高3600mの高地で行われた試合でアルゼンチンは苦戦し、93年のコロンビア戦に0-5で敗れて以来となる5点差の敗戦を喫した。マラドーナ監督が指揮を執ってから4試合目で初の黒星となった。


標高3600mってことは、富士山の頂上近く。
いきなりこんな高地でサッカーやったらボリビアが世界最強だろ。
涙目のマラドーナに同情しますw
ここらで負けても出場権を失うことはないでしょうがね。

それよりポルトガルのほうが心配です。

a0006144_1057040.jpg
[PR]