【WBC決勝】 日本 5-3で韓国降し2連覇達成

WBC決勝 日本 5-3で韓国降し2連覇達成

キューバ先発・マヤ投手のコメント (3月19日)
「 あの回(4回)は自分のリズムも良くなかった。味方のエラーは仕方ないが、ランナーを出していなければ済む話だ。我々に勝利したチームとして、明日からも精一杯戦って欲しい。あわよくば、優勝したチームに2回負けた、という言い訳をさせて欲しい」

カストロ議長のコメント (3月24日)
我がキューバを2度も破った日本国のWBC連覇を心から祝福する。
我がキューバは予選で敗退したが、世界一のチームに負けての敗退だ。
世界一の日本に負けたことを誇りに思う。
永遠の友、日本国民の皆様心からおめでとう。


a0006144_1655313.jpg


で、今日は見事な一戦でした。岩隈のすばらしいピッチングに感動。
内川と中島がここぞという場面で活躍。最後はイチローがケリをつけてくれました。
MVPは松坂だそうですが、私は岩隈だと思う。

ヒットの数を比較すると、もっと楽に日本は勝てていいはず。
もしサヨナラ負けでもくらってたら、ダルビッシュと原監督は吊るし上げでしたねw
第一戦目           第二戦目
日本:14 韓国:4      日本:6 韓国:4


第三戦目           第四戦目
日本:7 韓国:4       日本:15 韓国:6


第五戦目           合計
日本:15 韓国:5      日本:57 韓国:23

ともあれ日本優勝は素直に喜びたい。
この不景気なご時勢、気持ちが明るくなります。
しかし同じチームと5回も対戦するようなシステムはどうにかしてほしいですね。

23日10:38(日本時間)から、第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)決勝がロサンゼルスのドジャー・スタジアムで日本対韓国戦が行われている。日本の先発は岩隈、韓国は奉重根。相手が左投手ということで、日本の4番にはキャッチャー城島が入り、レフトに内川、DHに栗原、サードに片岡を起用した。

 3回、一死一、三塁から小笠原がタイムリーヒットを放ち日本が1点を先制したが、岩隈は5回韓国の秋信守にソロホームランを打たれ1点を失う。

 その後もたびたびチャンスを作りながらなかなか得点が奪えなかった日本だが、7回無死一、三塁から中島がタイムリーを放ち1点を勝ち越し。さらに8回表には岩村の犠牲フライで1点を追加。8回裏、韓国・李大浩の犠牲フライで再び1点差に詰め寄られ、最終回、日本は前日に引き続き登板したダルビッシュが韓国・李机浩の適時打で1点を失い同点に追いつかれ、延長戦に突入。

 10回表、二死二、三塁からイチローがセンター前にタイムリーヒットを放ち日本が決勝点を挙げた。10回裏はダルビッシュが抑え、日本が韓国を降し見事大会2連覇を達成した。

a0006144_1714386.jpg
[PR]