【映画】「ヤッターマン」

a0006144_8192354.jpg

「CASSHERN」も「スピードレーサー」も観る気持ちにはならなかったが、「ヤッターマン」はなぜか足を運んだ。
まずは渋“山”駅前でのオープニング・バトル。駅前の銅像は「みなしごハッチ」の“ハッチ公”。映像から三池監督の気合いを感じる。櫻井翔のヤッターマン1号、深田恭子のドロンジョらのキャラクター作りは徹底しているし、ヤッターワンの出撃シーンにも、オリジナルに対する制作陣の愛情が垣間見える。
自分はそう熱心なヤッターマンファンではなかったが、スタッフの思いは十分に感じられた。
ストーリーやら内容をどうこう言うってのは野暮ってもの。
ヤッターマン大好きな連中が、大真面目に実写で作った映画なのです。
ドラマの「水戸黄門」や「ガリレオ」のように様式美を楽しむ映画として観るべきですね。


櫻井翔の1号はぴったりです。
福田沙紀ちゃんの2号は当然可愛いです。
a0006144_1241878.jpg

生瀬のボヤッキーは言うことなし。
ケンコバのトンズラーも合ってます。
a0006144_12431456.jpg

深キョンのドロンジョ様もオッケー。
a0006144_12435876.jpg

最後にマスクをつけてない福田沙紀ちゃんを置いておきましょう。
a0006144_12221642.jpg
[PR]