驚異の3D歩道アート

氷河期の巨大なクレバスは、とりわけアイルランドにとっては極めて珍しい…。 が、
心配御無用、これは3Dストリート・アーティスト、エドガー・ミューラー氏(40)の最新作なのである。

地殻の断層も顕わな地割れ―実は、昨年アイルランドはダブリン近郊の町ダン・レアリーで開かれた「世界文化祭」で制作されたものである。たちまち、地元住民たちは今にも深い穴底に落っこちそうな振りをするなどして楽しんだ。
ミューラー氏は次のように語っている。「3Dストリート・ペインティングは世界でもまだ数人しかやっていない最新の芸術形式です。人の目をだまして新たな“リアリティ”を表現しようとするものです。アナモーフィズムと呼ばれる技法ですが、それ自体は中世から知られていたものでミケランジェロやダ・ヴィンチその他の有名な画家たちも壁画で使っています」。(以下略)

a0006144_1545199.jpg
a0006144_15454493.jpg

a0006144_154605.jpg

a0006144_15463012.jpg

[PR]