【五輪】手書きのゼッケン

<北京五輪:陸上>◇21日◇男子400メートルリレー予選
日本は塚原直貴(23=富士通)末続慎吾(28=ミズノ)高平慎士(24=富士通)
朝原宣治(36=大阪ガス)が走り、38秒52のシーズンベストで2着に入り決勝進出を決めた。
日本は第4走者の朝原につなぐ時点で、5番手と苦しい展開だったが、米国、ナイジェリア、
南アフリカの3カ国がバトンミス。正確にバトンをつないだ日本が浮上するかたちになった。


上位のバトンミスとはいえ、めでたい結果です。
しかし、アメリカのゼッケンはなぜ男女とも手書きなのだろうか。

a0006144_948261.jpg

a0006144_9481615.jpg

a0006144_94939.jpg
[PR]