石森章太郎

<石ノ森章太郎さん>「最も多く描いた漫画家」ギネス認定
漫画家の石ノ森章太郎さん(98年、60歳で死去)が、「最も多くの作品を描いた漫画家」としてギネス記録に認定された。「石ノ森章太郎萬画大全集」(全500巻)を刊行中の角川書店によると、24日までに認定書が届いたという。
同社が「1人の漫画家の全集として500巻は最多記録」とギネスに申請したところ、石ノ森さんが生涯に残した作品数(770)とともに認められたという。全集には「仮面ライダー」「サイボーグ009」のほか、高校在学中のデビュー作「二級天使」から遺作「HOTEL」まで全作品を収録する。


私にとっては「石ノ森章太郎」より「石森章太郎」ですね。
一番好きな作品は「サイボーグ009」と「リュウの道」です。
「サイボーグ009」で残念なのは「天使編」が未完に終わったこと。
神と人類の戦い、その結末を読みたかった。
[PR]