ぼくは悪党になりたい

a0006144_03153.jpg笹生陽子、恐るべき手腕の持ち主です。今どきの高校生を主人公に、軽く明るい青春小説を書いてくれました。児童文学出身者ってのは、なんでこんなに上手いのでしょう。
主人公は17才の高校生エイジ。父親はいない。奔放な母と腕白な異父弟・ヒロトと3人で平凡な生活を送ってる。仕事に多忙な母親にかわり、毎日家事全般をこなしている。しかし、海外出張で母親が不在のある日、弟が病気で倒れたのを境に、新たな出会いがエイジの日常に変化をもたらす。

脇役のキャラクターが素晴らしいです。母親とか、友人の羊谷とか、単独で一編の小説ができそうな人物造形です。

北上次郎は「うまいなあ、とひたすら感心するのである」とこの作品を評価しました。
本の帯には「極上の青春小説」とあります。
まさにそのとおりですね。タイトルも秀逸。読後感もさわやかです。

こんな高校生だったら、もう一度やってみてもいいなぁ。
[PR]
by minami18th | 2004-07-16 00:33 | 砂に足跡