年金についての覚書

【前提条件】
厚生年金加入者、男性1941年4月2日〜1961年4月1日生まれの方
         女性1946年4月2日〜1966年4月1日生まれの方
【特別支給の厚生年金】
前期、前提条件に該当する方は、65歳の前に、「特別支給の厚生年金」が受け取れます!
★ただし、受給には申請が必須で、申請しないと5年で時効になり、消えてしまいます!
受取開始年齢は、段階的にシフトし、
男性の場合
1954年度生=61歳から
1956年度生=62歳から
1958年度生=63歳から
1960年度生=64歳から
女性は5年シフトします。

【盲点】
そもそも我々の年金は、法律改正により、65歳から支給されるものとばかり思っています。
また、前倒しで支給を開始すると減額支給、支給を遅らせれば増額支給と思っています。
しかし、この「特別支給」なるものは、前倒し支給ではなく、支給を遅らせても増えません。
(そればかりか、前述の通り、時効で消えてしまいます。現に申告を忘れ6万人がアウト)

本来なら60歳から支給される年金を、急に65歳からに引き上げられないことに対応した段階的以降措置であり、65歳からが正規な年金と見たときに、その前の移行措置の年金部分を、「特別支給」と言うらしい。本来、申請なしで貰いたいものだが・・

⇒社会保険労務士の談:特別支給は、決まった通りに受給するのが、基本とのこと。
(5年以内なら、遡及してまとめて需給できるが、課税額が増えるので納税額が増える)
【追記】
したがって、正規な年金受給を遅らせて増額支給を狙う方は、この「特別支給」を65歳までしっかり受取り、その後、支給停止の手続きが必要。何もしないと正規な支給が開始される。

【情報源】 2007年11月20日(火) 朝日新聞 12版 31ページ記事 
[PR]