【陸上】やりが選手の脇腹に直撃【競技】

場内騒然! やりが選手の脇腹に直撃 陸上G
陸上・ゴールデンリーグ第3戦ゴールデンガラ(13日・ローマ)男子走り幅跳びのサリム・スディリ(フランス)に、同やり投げのテロ・ピトカマキ(フィンランド)が投じたやりが直撃する事故があった。
すぐ病院に運ばれたが、大会の医事担当者は「意識はあるし、さほど重症ではない」と説明した。

大きく左へそれたやりがスディリの脇腹に当たると、場内は騒然となった。急いでスディリの所へ駆けつけたというイタリア選手は「大丈夫だから心配するな、と言葉が返ってきた」と話した。

スディリはアテネ五輪12位。同8位のピトカマキは、報道陣には口を閉ざして会場を去った。(共同)


高校のときの地理の教師は投擲の選手だったそうです。
同じような経験をしてます。
練習で槍を投げたら、落下地点に向かって、短距離の選手が走って来る。
見てる間は生きた心地がしなかったと言ってました。
奇跡的な確率で、運が良いことにユニフォームに刺さっただけで済んだそうです。
笑い話で済んでよかったですね。
[PR]