「ほっ」と。キャンペーン

「星を継ぐもの」J・P・ホーガン(創元SF文庫)

a0006144_23202228.jpgニュートリノビームの干渉によって物体を透過して観察できる装置、トライマグニスコープの発明者であるヴィクター・ハント博士は、ある日、所属する企業を介して、国連宇宙軍への召喚を受ける。宇宙軍は、月で発見した「何か」をトライマグニスコープを使って調べたいらしいのだ。そして、ハントは月面で発見されたものの正体を知らされる。それは深紅の宇宙服に身を包んだ、人間の死体。そしてその死体は、年代を測定したところ、なんと死後5万年の時を経ていたのだ!5万年前に月まで達する科学技術などない。宇宙服の主は何者なのか? どこから来たのか?不可解な謎に、世界中の専門家や研究者たちが挑む。さまざまな憶測や仮説が飛び交い検討される。その間に、予想外の劇的な発見があり、事態は意外な方向へ展開する。

名作の誉れ高き作品。読もう読もうとは思うものの、なぜか積み残し。
やっと読みました。
なるほど、SFなれど本格ミステリ。すべての謎が美しく収束。
30年前の作品にもかかわらず、古びたところも無し。
間違いなく傑作です。
[PR]
by minami18th | 2007-05-20 17:15 | 砂に足跡