「ほっ」と。キャンペーン

突破 BREAK・西村健(講談社ノベルズ)

  a0006144_295579.gif「ビンゴ」「脱出 GETAWAY」に続く、新宿シリーズ第3弾。 新宿に事務所を構える大文字探偵事務所。大文字一徹は身長と体重が同じ数字という怪物的な男。従業員は幼なじみで元大蔵省勤務の才媛・桐葉万季のみ。そこへヤクザの三上から「行方不明になった構成員を捜して欲しい」という依頼が舞い込む。一方、土器手警部は殺害後に指を切り落とすという妙な共通点のある3つの殺人事件を追っていた。

「ビンゴ」「脱出 GETAWAY」とは少々タッチが異なる。 大蔵官僚の知能犯罪を中心に展開するが、圧巻は「大文字一徹が走る」クライマックスシーン。パワーあふれる圧倒的シーンだ。とにかく面白さは前二作と変わらない。このシリーズ好きなのです。

さあ、次は文庫になった「劫火」を読むぞ!!
[PR]
by minami18th | 2007-04-14 02:21 | 砂に足跡