「ほっ」と。キャンペーン

ビンゴ(西村健)

a0006144_17555265.jpg主人公小田健は新宿ゴールデン街に居を構えるバー「オダケン」のマスター。副業で街の人々の頼み事を引き受けている。今回彼の元に寄せられた依頼は、「猫を捜して欲しい」「借家人の素性を調べて欲しい」「空きボトルが紛失する」あげくの果てには「公園が欲しい」……地元のナンでもない依頼の筈が、何故かバズーカ砲まで出てくるドンパチに変わる。


前から読みたかった「ビンゴ」を、ブックオフで105円で入手。やったね。v(^_^)

「ダイ・ハード」や「007」に理屈はいらない。一介のバーのマスターが巻き込まれる大事件。読み始めたら一気にラストまで。丹沢山中の戦闘シーンとラストの**シーンは映像で見てみたいものだ。
登場人物のキャラクターがいい。。元プロ野球選手のスナックのママだとか、オダケンに弱みを握られてる刑事・土器手警部補とか。しかし最高のキャラは孤高のハードボイルド犬・ケンペー。

理屈をこねる必要など無い。とにかく読め!!!
[PR]
by minami18th | 2007-03-20 00:41 | 砂に足跡