【恐喝犯】同級生から洋菓子を脅し取る 中3の2人逮捕【検挙】

<いじめ>同級生から洋菓子を脅し取る 中3の2人逮捕

三重県警津署は27日、同級生から洋菓子を脅し取ったとして、いずれも津市内の中学3年の男子生徒(15)2人を恐喝容疑で逮捕した。中学入学当初からいじめによる恐喝を繰り返していたとみて捜査している。
調べでは、2人は10月16日、同級生の男子生徒(15)に「誕生プレゼントにケーキを用意しろ」などと要求、同19日午後6時ごろ、津市白塚町の路上で洋菓子12個(計1万3400円相当)を脅し取った疑い。いずれも「ケーキは食べたが恐喝はしていない」と容疑を否認しているという。
被害に遭った男子の母親がケーキの領収書を見つけ、不審に思って学校に相談。学校が2人を含む同級生数人に事情を聞いたが、いずれも事実を否定したという。仕返しを恐れた男子は今月11日、「学校は冷たい。死にたい」などと担任の教諭に電話をかけて家出。
男子から相談された知人の男性(75)が津署に通報した。
津署などによると、男子は中学入学当初から1回200円から2000円ずつ、計20数回にわたって恐喝行為を受けていたとみられる。
中学校の校長は「同級生から2月ごろ、(被害者の)男子生徒は頼んだら何でもやってくれるという情報が担任教諭に寄せられるなど心配されることはあった。今回の件では、母親から相談を受けた後、男子生徒に親身の対応をすべきだったのにできなかった」と話している。


1個1000円相当のケーキを男2人で12個も食えるわけがない。
事情を聞かれた同級生がお相伴にあずかったのだろう。
でなけりゃ転売したか。
恐喝犯は逮捕されて当然だ。いじめは加害者が100%悪いのだから。

親から相談があったにもかかわらず、何も手をうてなかった
学校というシステムに問題解決は期待できない。

警察に通報した75歳のじいちゃん、被害者の彼とどういうつながりだったのだろう。
このじいちゃんの存在が無かったら、今ごろ彼はどうなっていたのか。

----------------------------------------------------------------------------------

●脅されて金品を要求された→恐喝罪
●暴力を振るわれた → 暴行罪
 (例)恫喝と共に肉体的接触があっても暴行罪は成立する
●怪我を負わされた → 傷害罪
●事実無根の悪口を叩かれた → 誹謗罪
 (例)やっていないのに「万引き野郎!」といわれた
●事実だが、悪口を叩かれた → 名誉毀損 
 (例)太ってるのを「デブ」といわれた
●通せんぼされた → 軽犯罪法違反
●不本意なことを強要された → 強要罪
 (例)やりたくないのに、女の子のスカートをめくらされた
●自分の持ち物を盗まれた → 窃盗罪
●自分の持ち物を壊された → 器物破損罪
 (例) 自分の靴に「バカ」と落書きされても成立する
[PR]