ブログ「炎上」に思うこと

最近、いくつかのブログが「炎上」する場面を目にします。
取り上げたテーマに対する非難の集中ですね。
2chにURLが貼られて、批判する輩が大集合してしまいます。

ブログ管理人の対応は様々です。
記事もろとも削除してしまうケース。
これは別の記事のコメント欄に移動して書きこまれるので、炎上は続きます。

反論を展開するケース。
これはコメントの書きこまれる量が半端ではないので、追いつかなくなり
打たれっぱなしになってしまいます。コメントを削除しても、消したことに
対する非難が書きこまれるので、火に油を注ぐことになってしまいます。

ひたすら耐えて火が消えるのを待つケース。
いちばん無難な方法かもしれませんが、粘着するやつもいるでしょうから
時間がかかりそうです。

最も簡単なのは、ブログそのものを閉鎖してしまうケース。
もし自分の身に降りかかったら閉鎖しちゃうかもしれませんね。

*******

そもそもブログは自分の感性のもとにあるもの。
ネットにさらす以上は公共性もあることは否定しませんが、個人の庭みたいなもの。
見たい人はじっくり見ればいいけど、ずかずか立ち入るのは失礼です。
私は自分の感性に合わないブログには行きませんしね。
嫌なものは見なければいいだけのこと。
殺伐を求めるのは2chだけで十分。
ブログを見る目は、生暖かいくらいがちょうど良いと思うのです。
[PR]