箱根駅伝出場校決定

東京箱根間往復大学駅伝競走(関東学生陸上競技連盟主催、読売新聞社共催)の予選会が21日、東京・立川の国営昭和記念公園などを使った20キロのコースで行われ、来年1月2、3日の本大会に出場する9校が決まった。早大がトップで通過、専大が2位、中央学院大が3位に入った。

本大会出場校は、上位6位までは10人の合計タイム順、7~9位までは関東インカレの成績などをタイムに換算して合計タイムから差し引いて選出。合計タイムでは10位だった国士大が9位に滑り込み、合計タイムで7位の拓大が10位に沈んだ。

1位 早稲田大学10時間06分53秒
2位 専修大学10時間12分43秒
3位 中央学院大10時間12分54秒
4位 国学院大学10時間14分06秒
5位 神奈川大学10時間14分37秒
6位 明治大学10時間16分35秒
----------インカレポイント適用----------------
7位 城西大学10時間18分31秒-2分25秒=10時間16分06秒
8位 大東文大学10時間18分29秒-1分55秒=10時間16分34秒
9位 国士舘大学10時間20分47秒-3分50秒=10時間16分57秒
--------予選落ち---------------
10位 拓殖大学10時間17分08秒-10秒=10時間16分58秒

拓殖大学は明治に33秒負けたためインカレポイントの修正を受け、本来3分40秒差あった国士館に逆転され、1秒差で予選落ちとなってしまった。
[PR]