日本は49位に急降下 サッカー新世界ランキング

日本は49位に急降下 サッカー新世界ランキング
国際サッカー連盟(FIFA)が12日、新しい算出システムによる世界ランキングを発表し、日本はワールドカップ(W杯)ドイツ大会前の18位から49位へ急降下した。新システムは対象となる試合を過去8年間から4年間に短縮。試合の重要性や地域による特性、対戦国の実力などを考慮に入れて計算する。
首位はブラジルで変わらず、W杯を制したイタリアが13位から2位に躍進。アルゼンチンが3位、W杯準優勝のフランスが4位で続いた。以下イングランド、オランダ、スペイン、ポルトガル、ドイツ、チェコの順。欧州、南米勢以外ではW杯不出場のナイジェリアが11位で最高だった。


正しい偏差値を知るのは大事なこと。
ここからどう上げて行くかを考える方が必要だ。
新体制のスタート。前を向いて戦いを始めようじゃないか。
[PR]