「ほっ」と。キャンペーン

「不思議島」(多島斗志之)

a0006144_1815235.jpg二之浦ゆり子は青年医師・里見に誘われ、瀬戸内海の小島巡りに同行するが、その際、ひとつの無人島を目にしたことで、過去の悪夢が甦る。彼女は十五年前誘拐され、その島に放置されたことがあるのだ。里見と交際を始めたゆり子は、彼とともに過去の謎と向き合う決意を固めるが、浮かび上がってきたのは驚愕の真実だった。

「本格ってのは、こう書くんだ」というお手本のような作品。
伏線の張り方も見事。驚きの結末も楽しめます。
この著者の作品、7月にも出るそうです。楽しみ楽しみ。
[PR]
by minami18th | 2006-06-27 18:13 | 砂に足跡