ワールドカップ応援スローガン(下)

ガーナ 「行け、ブラックスターズ! 我が世界の星」
「ブラックスターズ」ってのがいいですね。不敵な雰囲気がただよってます

メキシコ 「世界にアステカの情熱を」
アステカ文明の不思議さと華やかさが感じられる

オランダ 「オランイェ、黄金への道を駆け登る」
オランイェ=オレンジ。

パラグアイ 「アメリカの中心から、これがグアラニー精神だ」
そうか、アメリカ大陸の中心なのか

ポーランド 「白と赤、危険にそして勇敢に」
この中で一番いいスローガンだと思う

ポルトガル 「窓には旗、ピッチには一国を。フォルサ・ポルトガル」
2002年は不本意な結果だった。捲土重来の2006に

サウジアラビア 「緑の鷹は止められない」
これもカッコいい。しかし2002年の緒戦、あんたらドイツに0-8で負けたんだよな

セルビア・モンテネグロ 「愛するサッカーのために」
わかりやすすぎるぞ!!旧ユーゴは大番狂わせを起こすか?

スペイン 「スペイン。国はひとつ、目標もひとつ」
現実には国が一つではないことを物語ってるな

スイス 「2006年、スイスの時間」
もしかしたら、すごいコピーライターが考えたのか?

スウェーデン 「闘え! 根性を見せろ! 行け! 皆が応援している」
こりゃすごい。日本の体育会のようだ

トーゴ 「勝利への情熱、成功への渇望」
これもわかりやすい。ひとつでも勝ちたいのだろう

トリニダードトバゴ 「ソカ・ウォリアーズがやってくる 、カリブ海の闘志」
「サッカー戦士」みたいな意味なのだろう

チュニジア 「カルタゴの鷹、かつてないほど高く、そして強く」
これ、好きです。一番洗練されてるかも

ウクライナ 「我々の応援があればウクライナは負けられない!」
わかりやすすぎて、何も言えない

アメリカ合衆国 「団結してプレーし、団結して勝利する」
これもわかりやすすぎて、何も言えない
[PR]