「ほっ」と。キャンペーン

「象牙の塔の殺人」(アイザック・アシモフ)

大学の実験室で、化学の実験中の学生が毒ガスを吸って死亡する。事故死か、あるいは自殺か?指導教官のブレイドは自ら捜査に乗り出した。しかし、殺人だとすると第一の容疑者は彼自身なのだ。大学における地位や家族の平安までも脅かす羽目となり、ブレイドは四面楚歌の状況に追いこまれていく……。鬼才アシモフ、初の長編推理小説。
a0006144_10454597.jpga0006144_10512066.jpg

左の画像は私が読んだ文庫本の表紙。けっこう前に入手したので、右の現在の表紙とは違ってます。
右の表紙、ネタバレにならないのかな?
本編は50年前の作品とは思えません。王道のミステリですね。
解説にあるとおり、登場する刑事はまさにコロンボのキャラです。
[PR]
by minami18th | 2006-05-07 11:06 | 砂に足跡