爆発的売れ行き 「子供GPSケータイ」大論争

爆発的売れ行き 「子供GPSケータイ」大論争

≪教育の場には不要/登下校の安全確認≫
 新入学シーズンにあわせ、今春相次いで発売された子供向け携帯電話が爆発的な売れ行きをみせている。人気の秘密は衛星利用測位システム(GPS)による子供の居場所確認などのサービス。子供が被害に遭う事件が多発する中、「安心」を買い求める保護者が多いからだが、ゲームなどの機能も付いているため、学校などへの持ち込みには賛否両論がある。

 「授業に不要」として携帯電話の持ち込みを原則禁止にしている公立の小中学校は多い。子供向け携帯電話を持ってきた新1年生の保護者に学校側が注意したところ、「子供が最も事件に巻き込まれやすい登下校時に持たせなければ意味がない」と逆にしかられたケースもあったという。


GPSのみでいい。ゲームや占い機能なんてのは論外。
携帯の利用には精神の成熟が必要。
こんなのを買う側も売る側も未熟なのだと思う。
[PR]