【WBC】塁審はボブ【決勝】

“あの”審判員、決勝も塁審
相次ぐ誤審で“時の人”となったボブ・デービッドソン審判員が日本―韓国戦の二塁塁審を務めたが、微妙な判定はなかった。
審判員8人が務めた2次リーグから準決勝以降には6人が選ばれており、決勝では球審以外のいずれかを務める予定。同審判員が含まれた理由について大会本部は「メジャーでの審判員歴が長い順番にした」と教科書通りの回答。本人の直接取材に関しては「試合中の微妙な判定など以外はコメントできない」(大会本部)と慎重だった。


そうですか。誤審の有無は考慮しないのですか。
アメリカは意外に「年功序列」なのですね。

「日本は誤審で勝った」なんて言われないゲームを期待します。
[PR]