ボスニア・ヘルツェゴビナ戦 2-2 ドロー

時差ボケの国内組とリーグ戦直後の海外組。
それでもなんとか形にはなってたのではないでしょうか。

得点はいずれも前後半のロスタイム。
少し前の日本代表だと、ロスタイムに失点することはあっても、
得点することはありませんでした。
これを成長ととらえるかどうかは、意見の分かれるところでしょう。

それにしてもボスニア・ヘルツェゴビナは強いです。
このチームがワールドカップに出られないのですから、レベルの
違いを自覚しなくてはいけません。
ピッチコンディションが良かったら、2点差以上で敗戦だったかな。

敵の寄せの速さと的確な動き。日本はまだまだだなぁ。
なにせ相手はピクシーを生んだ旧ユーゴだものなぁ。

印象的だったのは、最後に決めた中田の姿。
ボールがネットを揺らしたのを確認して、ピッチに横たわったまま
ささやかに右の拳をあげる。
カッコいいじゃないか。中田らしい喜びの表現だ。

でも相手の最後の時間稼ぎがなかったら、1-2で終わっただろうな。
[PR]