今回最も不快なスポーツ評

メダルが見たくて観戦してるんじゃない。
勝つことだけを見たくて観戦してるんじゃない。
アスリートが肉体と精神の極限に挑むのだけがスポーツじゃない。
カーリングだって立派なスポーツだ。
こいつの文章はすごく不快だ。批判のための批判に思える。
この偉そうで中身の無いライターの名は武田薫。

敬意をこめて今後は音読みで「ブタくん」と読ませてもらおう。

(抜粋)夜はトリノ・オリンピックを観た。トリノは、スノボーのクロスとかスケートのパシュートなど新種目が面白かった。スキーの滑降種目もスリリングで興奮するが、不満はNHKである。カーリングを延々と流している神経はどうしたのか。ジャパン・コンソーシアムはシドニーから5大会で総額632億円の放映権料をIOCに払い、その70%がNHKの負担だ。カーリングを見るために、そんな大金を払ったのか? メダルを見たいために放映しているのか? 昔のNHK運動部はもう少し主張があった。公共放送、せめて報知新聞写真部のような一貫性があっても……ま、そこまで持ち上げる意味はないか。
日本の惨敗はともかく、NHKと松岡修造がなぁ……というオリンピックである。
[PR]