「ほっ」と。キャンペーン

空白の殺意(中町 信)

a0006144_1740039.jpg高崎市内の川土手で私立高校に通う女生徒の扼殺死体が発見される。その2日後、今度は同校の女性教師が謎めいた遺書を残して自殺する。そして行方不明だった野球部監督の毒殺したいが発見されるに及んで、俄然事件の背後に甲子園行を目指して熾烈な闘いをくり展げている学校同士の醜い争いが炙り出されてくる……。『模倣の殺意』『天啓の殺意』のトリック・メーカーが、ディクスン・カーの『皇帝のかぎ煙草入れ』に挑戦し、密かな自信をもって読者に仕掛ける巧妙なワナ。『高校野球殺人事件』の改稿決定版。

学生のころ、兄がトクマノベルス版の『高校野球殺人事件』を持ってました。
ついつい借りぬまま読む機会もなく今日のこの日まで。
創元推理文庫から「空白の殺意」として出版され、約30年ぶりに再会することができました。


登場人物が少ないので、犯人を特定するのに苦労はありません。
動機だってわりと簡単に推測できると思います。

問題はどうやって犯人を追い込むか。何を証拠として示すか。
仕掛けたトリックのどこに綻びがあるのか。作者の腕の見せ所ですね。
ディクスン・カーの『皇帝のかぎ煙草入れ』に触発されて出来たこの作品。
さすがですね。うまいです。

「そうかぁ、そうきたかぁ」と思わされてしまいました。
「殺意」三部作の中では、この作品が一番好きです。
読んで損はないと思います。

タイトルについては発表時の『高校野球殺人事件』より、この「空白の殺意」のほうが好きです。
まあ時代も違いますからね。
[PR]
by minami18th | 2006-02-16 17:57 | 砂に足跡