前進か後退か

拉致被害者のご家族帰国!

子供たち5人の「奪還」は素直に喜びたいと思います。
総理は厳しい批判に立たされてますが、決して後退だとは思いません。
犯罪者の手から人質を取り戻したのは事実なのですから。
訪朝前の期待を裏切られた家族会の方々の厳しい叱責の様子がが報道されてます。
でも一方的な物言いは、逆に反感を呼ぶおそれもありますね。

あの国との交渉は、我々の常識では計れない、様々な問題があるように思えます。
5人の拉致被害者の方々も、今は言えないいろんなことを抱えているのでしょう。
北朝鮮の現在の体制が崩壊して、初めて語れることがたくさんあるのかもしれません。

<小泉首相>ジェンキンス氏に異例の念書 「強制送還ない」
ここを見ると、この元軍人さんの北朝鮮国内での微妙な立場が見え隠れするような気がします。


蓮池さんや地村さん、子供たちとどんな話をしてるのでしょうか。
これからもっとたいへんな戦いがあるのでしょう。
あの子供たちが持つ価値観を、根底からくつがえす作業です。
きっと粘り強く話をしてゆくのだと思います。
[PR]