「ほっ」と。キャンペーン

チーム・バチスタの栄光(海堂 尊)

a0006144_20291285.jpg
東城大学医学部付属病院では、心臓移植の代替手術であるバチスタ手術の専門チーム「チーム・バチスタ」を作り、次々に成功を収めていた。ところが今、三例続けて術中死が発生している。しかも次は、海外からのゲリラ少年兵士が患者ということもあり、マスコミの注目を集めている。そこで内部調査の役目を押し付けられたのが、神経内科教室の万年講師で、不定愁訴外来責任者・田口と、厚生労働省の変人役人・白鳥だった……。

(バチスタ手術とは)
バチスタ手術は、学術的な正式名称を「左心室縮小形成術」という。一般的には、正式名称より創始者R・バチスタ博士の名を冠した俗称の方が通りがよい。拡張型心筋症に対する手術術式である。肥大した心臓を切り取り小さく作り直すという、単純な発想による大胆な手術。(本書より)


第4回「このミステリーがすごい!」大賞 大賞受賞作。
アメリカ帰りの心臓外科医桐生が率いるチームは、心臓のバチスタ手術を幾つも成功させ、世間の耳目を集める。しかし最近、立て続けに手術中に患者が死亡。成功率の低い手術ではあるが、状況は極めて不自然だ。医療ミスか、何物かの作為か? 大学病院の窓際医師・田口は、その真相の調査を院長から命じられる。
田口の担当は「不定愁訴外来」。不定愁訴というのは理由が判然としない体調不良の病気の名前らしく、他の科からは「愚痴外来」と芳しくない名称をつけられている。そこでのんびり過ごしている田口が、心臓手術の調査を押し付けられる。仕方なく関係者のひとりひとりに事情聴取するがら埒があかない。そこに登場したのは厚生労働省の役人・白鳥。彼のめちゃめちゃに見える事情聴取から、それまで見えなかった事実が浮き彫りになる。

著者は現役医師らしい。専門知識もちゃんと解説してくれて素人にも理解できる。読み始めたら一気だ。傑作だと思う。この冬、収穫の一冊なのだ。
[PR]
by minami18th | 2006-01-30 00:30 | 砂に足跡