後輩を助けたOBは責めを負うべきか?

<新京成電鉄>車掌が腹痛…子会社の駅監視員が代わりに乗務

 新京成電鉄(本社・千葉県鎌ケ谷市)は8日、急な腹痛を訴えた車掌(41)に代わり、子会社の駅監視員(64)が4区間5・8キロで乗務していたと発表した。この間、事故はなかった。鉄道営業法では車掌以外は車掌業務ができず、同社の長田泰男鉄道本部長は「あってはならないことで、処分を検討している」と話した。
 同社によると、問題が起きたのは7日午後8時49分松戸駅発京成津田沼行き普通電車。途中の八柱駅で車掌は我慢できなくなり、運転士(35)に車内電話で連絡して駅のトイレに向かった。駅監視員に事情を話したところ、独断で電車最後部の車掌室に乗り込み、乗務員交代のくぬぎ山駅まで乗務したという。
 駅監視員は同電鉄で車掌や運転士経験があるが、現在はそれらの業務を離れている。「電車を遅らせてはならないという気持ちだった」と話しているという。運転士も車内放送の声で、車掌が代わったことに気付いていたという。(毎日新聞)


居合わせたOBが使命感にかられてやったこと。
たしかにルール違反には違いない。何らかのペナルティは避けられないだろう。
しかし過剰な処分は必要ないと思う。
「情」というものは、こういう場合にこそ発揮すべきではないのか。
会社を率いる連中の器が試されるケースなのだ。
[PR]