中高年、本離れ進む

中高年、本離れ進む…読売世論調査
「本離れ」は、若者より中高年の方が深刻――。読売新聞社が15、16の両日に行った「読書」に関する全国世論調査(面接方式)で、年代が上がるにつれ「本離れ」の傾向が見られ、特に、中高生を子に持つ人が多い40歳代で、2004年の前回調査より7ポイント増の44%と、「活字離れ」が増えたのが目立った。

この1か月間に本を「読まなかった」人は52%で、1980年から始めた同調査で3番目に高かった。年代別に見ると、20、30歳代は各41%で、前回調査より減ったのに対し、40歳代から上の年代は増加、50歳代は55%、60歳代は61%、70歳以上は66%だった。読んだ本の数は「1~3冊」が39%、「4冊以上」が9%で、いずれも前回調査比1ポイントの微減。

一方、インターネット通販で、本を購入した人は03年の前回調査比3ポイント増の10%だったが、20~30歳代が2割台で、若年層を中心に読書に対する環境の変化も見られる。

活字離れに歯止めをかける方法では、
「『読書の時間』を学校の授業科目にする」40%が最も多かった。

中高生を子に持つ人が多い40歳代=私の世代ですな。
ずっと前から、本を読むやつは読むし、読まないやつは全く読みません。
娯楽も多様化してるから、本離れが少々進んでも不思議ではないし。

「『読書の時間』を学校の授業科目にする」なんてバカなことだけはやめてほしい。本は自分で選択するもの。どんな面白い小説だって、押し付けで読まされたら苦痛しかありません。

さらに読み手を減らす大きな原因に、「読書感想文」の宿題があると思ってます。
ありゃ苦痛以外の何者でもありません。感想文に書くための感想をひねり出すのに苦労したのは、世間に私だけではないはずです。

本は食べ物と同じで、好き嫌いもあるはずです。
ウマいと思うか、マズいと思うか、それは人それぞれ。
周波数の合う本に出会えば、必ず読書は楽しくなるはず。
でも周波数が合いすぎると、活字中毒ってやつにになってしまいます。
これはこれで困ったものですがね。

映像メディアばかりに頼っていると、主体性や創造的な精神が奪われ、既成の概念や権威・権力にとらわれやすくなるという。他者への想像力を失った世の中がどうなるか。住みやすい世の中ではないことだけは確かだろう。

エマソン曰く「書物は人生における最大の精神的恩恵である」。

良い作品に巡りあい、豊かな人生の糧にしたいものだ。
[PR]
by minami18th | 2005-10-29 00:00 | 砂に足跡