トレーラー前輪脱落 気付かず岡谷から静岡へ

トレーラー前輪脱落 気付かず岡谷から静岡へ
20日午後11時20分ごろ、岡谷市成田町2の市道で、走行中のトレーラーの前輪タイヤが脱落し、郵便ポストを直撃した。トレーラーは辰野町内の運送会社が所有するもので、運転手は脱落に気付かず、そのまま静岡県内まで走行した。国土交通省長野運輸支局などで原因を調べている。
岡谷署の調べなどによると、近くの機械メーカーの男性守衛が大きな音がしたため、周囲を見渡したところ、ダブルタイヤ1組(22.5インチ)がポストを直撃しているのを発見。21日午前に同署に届け出た。同社によると、ポストはやや傾いたという。

 トレーラーは前輪2軸で、運転手は脱落に気付かず、国道20号などで静岡県まで走行。同県内で右前輪がないことに気付き、会社へ連絡した。車軸が折れていたという。


長野日報の記事ですが、少々わかりにくいですね。「前輪が脱落」して気付かなかったように読めてしまいます。こういうタイプの車両は下記のようなタイプがあります。
a0006144_10264553.gif
a0006144_1027437.gif

下の画像のフルトレーラー部分の前輪が脱落したのでしょう。これならありえます。
トラクター部分の前輪が脱落したら走れるわけないし。
港で走ってるトレーラーだと、後輪ダブルの内側が裂けてるものをたまに見かけます。
山が消失してスリックタイヤ状になってるものも。


さらに世の中には下記のような凄まじい車両が存在します。
350t積トレーラーです。ど迫力です。
これだと2つや3つ外れてもわからないかもしれません。
a0006144_10272918.jpg
[PR]