ジョルダン:曲線定理、世界初の完全証明 信州大教授ら

ジョルダン:曲線定理、世界初の完全証明 信州大教授ら
フランスの数学者カミーユ・ジョルダンが1887年に概念を確立し、その後多くの数学者らが完全証明に挑んできた「ジョルダンの曲線定理」について、信州大工学部の中村八束(やつか)教授(62)が27日、ポーランドの数学者ら16人との約14年間にわたる共同作業で、完全証明に成功したと発表した。数式上の誤りなどを確認するコンピューターシステムのチェックを経て、約20万行にわたる証明が完成。中村教授らは「完全証明したのは世界初」としている。
 「ジョルダンの曲線定理」は
「平面上の閉じた曲線は、平面を曲線の内と外に分ける」というもの。直感的には明らかだが、数学的な証明は難しいとされてきた。
 中村教授によると、人間が行った数学的な証明をチェックする「プルーフ・チェッカー」というコンピューターシステムのうち、今回はポーランド・ビアリストーク大のアンジェイ・トリブレッツ博士(64)らが開発した「MIZAR(ミザール)」と呼ばれるシステムを使用したという。中村教授は「同様のシステムでコンピュータープログラムにミスがないことを確認するなど、
今回の成果は実社会にも応用できる可能性がある」と話している。

どう実社会で応用するんだよ!!と突っ込みたくなる俺は、数学の才能がないんだろうな。
数学的証明をチェックする「ミザールシステム」ってのがあるのか。
じゃあ次は「キカザールシステム」と「イワザールシステム」ができそうだな。
なんて考える俺は、やっぱり数学の才能が無いんだろうな。
[PR]
by minami18th | 2005-09-27 23:33